「パシフィック・リム」対怪獣ロボット「イェーガー」の操縦方法とは

パシフィック・リム

ロボ! パンチだ!

男の子が大好きなモノが沢山集まった、ロボットvs怪獣の映画「パシフィック・リム」がこの夏に公開されます。劇中に登場する怪獣と戦う為に作られたロボット「イェーガー」ってとてもカッコイイですよね! ちなみに我らが日本の「イェーガー」は「コヨーテ・タンゴという背中にキャノンを搭載した、ガンキャノンの様なデザインです。

公式トレーラーでも確認できますが、「イェーガー」の操縦には2人のパイロットが必要なようです。全長が約80mもある巨大ロボットの操縦は、1人では負担が大きすぎるのだとか。でも2人で動かすってことは、相当なシンクロが必要だと思いますよね。

パシフィック・リム

でもそれを克服する為に、コンピューターとパイロットが「ドリフト」と呼ばれる方法で繋がって操縦を行うそうです。このサイバーなシステムたまりませんねぇ! 

兄弟メディアのKotaku JAPANでは「イェーガー」の更に詳しい操縦方法、そして「ドリフト」を行う上での重要な代償について、解説と動画で確認することができますよ。是非御覧ください。

「イェーガー」の操作方法を説明する『パシフィック・リム』新映像[ Kotaku JAPAN ]

(ギズモード編集部)