Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 1

Evernoteに手書きメモと音声を記録できる「Livescribe wifi スマートペン」(以下、Livescribe)が日本に上陸。ソースネクストから発売されました。

製品を借りる機会をもらったので、触ってみた感想をお届けしますね。まずはLivescribeが何ができるか、という点から。

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 2

名前からわかるようにWi-Fi機能を内蔵しているので、書いた文字とその時の周囲の音声をペンからWi-Fi経由でEvernoteに送信・保存できるというものなんです。ちょっと使用環境がイメージしづらいかもしれませんが、先生の声を録音しながらの板書とか、メモを取りながらのインタビューとかに使えそう。

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 3

ペン自体はこんな感じです。ペンの重量は36gと軽いので、特に取り回しに不便さは感じませんでしたよ。自分が太めのペンが好きだからかもしれませんが、意識せず普通のペンとして使える印象です。

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 4

各機能の図解はこちら。

で、みなさん不思議に思うであろうポイントが、どうやって手書きの文字を認識しているのか? その答えがこちら。

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 5

ペン先の奥にひっそりとあるセンサー。ここで書いたものを認識しているんです。

Evernoteと連携して、手書きメモと音声を残せるWi-Fiスマートペン「Livescribe」がキワモノっぽいけど意外と使えそう 6

メモ帳の方には、薄い色で小さなマイクロドットのパターンが印刷されています。センサーでこのパターンを読み取っているので、書き込み位置を正確に把握・記録できるというわけです。

このドットパターン入りのメモ帳は追加購入ができるほか、購入後にメールで届くシリアル番号でユーザー登録すれば印刷用のPDFファイルをダウンロードすることもできるようです。

実際にギズ編集部でもLivescribeを使ってみました。例の正方形を数えるやつを遊んでみました。アップルの面接を受ける資格くらいはありますかね...?

130527livescribe_gallery01130527livescribe_gallery02130527livescribe_gallery03130527livescribe_gallery04130527livescribe_gallery05130527livescribe_gallery06130527livescribe_gallery07130527livescribe_gallery08130527livescribe_gallery09130527livescribe_gallery10130527livescribe_gallery11130527livescribe_gallery12

実際に触ってみるとなかなかおもしろい製品ですし、キワモノかと思ったけど意外と仕事や学習にも使えそう。ただ気になる点はバッテリー。Wi-Fiに接続した状態で4時間、接続していない状態で11時間とのことですが、なかなか日常使いするにはバッテリーに不安を感じることになりそうです。

価格はソースネクストのオンラインショップで1万8800円(税込)「Evernote」の500MB/月分の追加アップロード容量が付いているほか、6月2日までなら購入特典として3000円分の割引券をプレゼントしているようです。買うなら今がお得ってことですね。

Livescribe wifi スマートペン[ソースネクスト]

(松葉信彦)