フィンランド発の独自OS搭載、Jollaスマートフォンついに登場! Androidも動くとな?

20130521_jolla.jpg

キター! これがJolla(ヨッラ)端末第一号!

って言われても「Jollaって何だっけ?」って思う方が大多数だと思いますが。Jollaは、NokiaでMeeGo端末「N9」の開発に携わったメンバーが立ち上げたフィンランド発の企業で、MeeGoは、Linuxをベースとしたオープンソースのモバイル機器向けOSです。

4.5インチのディスプレイにデュアルコアプロセッサー、8メガピクセルのカメラに4G対応、16GBのオンボードストレージ、microSDスロットも搭載、そしてデザイン的に一番特徴的なのが、コントラストがお洒落なバックカバーが取り外し可能なところ。

電話本体は、どのカバーが装着されたのかを判断して、カラーテーマをバックカバーに合ったものに変えてくれます。またデザインとしてもカバーと本体の角の部分が微妙に違うのが少しおしゃれ。(写真をよーく見てみてください)

Jollaによれば、このハンドセットはAndroid アプリに「準拠」する予定だそう。でも端末自身は独自のSailfish OSで動作します。MeeGoがベースでもとはNokia N9を動かしていたOSへAndroidを統合って、便利そうだけどいろいろ心配な点もたくさんありますね。例えばどの程度のアプリが動作保証されるのか、どの程度ちゃんと動くのか等々、いまいちよくわかりません。

ヨーロッパの国を中心に販売開始、徐々に市場を広げていくそうです。値段は500ドル前後(約5万円)と見られています。

ちゃんと動くかわかりませんが、マニアックでクールなスマートフォンを好む人は要チェックですね。

Jolla via Verge

mayumine(JAMIE CONDLIFFE 米版