国際宇宙ステーションからの写真撮影ってどうやるの? 宇宙飛行士が解説します(動画)

InstagramならぬSpacegramだよ

国際宇宙ステーション(ISS)で活躍中のクリス・ハドフィールド(Chris Hadfield)さんは、地球から400km離れた場所からこの惑星の超美麗シーンを撮影して、ツイッター(@cmdr_hadfield)で共有してくれる宇宙飛行士さん。彼がふだんどんなふうに写真撮影を行っているのか、自らのカメラを手に解説しているビデオがYouTubeで公開されています。

まず、よく使うレンズはNikon 400mm F/2.8Gという望遠レンズ。次はカメラの設定ですが、太陽光を反射する地球はとても明るく、対照的に宇宙は暗いのでカメラが適切な設定を誤らないようにマニュアルモードで撮影しています。

彼がひとつ決めているのは「Sunny 16」ルール。晴れた日はまず絞り値をF16に設定して、それから適切なISOとシャッタースピードを決めていきます。たいていISO 200、シャッタースピードは1/200秒を使うことが多いそうです。また、ファイル形式はJPGではなくRAW画像(拡張子:NEF)で撮影しています。

それじゃあ撮影のポイントは? 「レンズ、フォーカス、そして情熱!」と答えるクリスさん。彼が撮影した地球の姿はビデオの中でも見ることができますが、思わずため息のでるような美しさですよ。未知なる宇宙空間の写真にもわくわくするけど、地球もやっぱりいいなぁ...。

YouTube via PetaPixel

Rumi(Andrew Liszewski 米版