話題のスマートウォッチ、タイピングはどうやる?

話題のスマートウォッチ、タイピングはどうやる? 1

画面が小さいですものね。

身につけるガジェット=ウェアラブル端末が注目されるなか、各社開発中の噂で期待が高まるのがスマートウォッチ。腕時計にはガジェト好きの夢がつまっていますが、さて現実的に考えてあの小さなマシンをどのように使うのでしょう。

カーネギーメロン大学の研究員が、スマートウォッチのキーボードの使い方を考え中です。Zoomboardと呼ばれるアイディアを使えば、小さな画面でもフルQWERTYキーボードを装備できます。画面にびっしり並ぶ小さなQWERTYキーボードのタイプしたい箇所を長押し、するとその部分がズームされるので、ズーム後にキーをタッチするという方法。また、スワイプを活用し、右スワイプでスペース挿入、左スペースで消去、上スワイプでシンボル入力画面表示、となかなか考えられています。

テストでは、1分に9.3文字の入力スピードだったというので、スマートウォッチでは短文しか打てませんな。...というか、長文を打つ忍耐力は持てそうにないです。

もちろん、まだこれは考案中の試行錯誤な状態。今後どんどん発展していくでしょう。ま、まずはここからです。Zoomboardは、5月頭にパリで開催のComputer Human Interaction conferenceでお披露目。また、ソースコードは無料公開されています。

Zoomboard via Technology Review

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版