これ素敵なやつ! 高校生が考えた海をキレイにするプロジェクト

これ素敵なやつ! 高校生が考えた海をキレイにするプロジェクト  1

海に流された725万トンものプラスチックのゴミを除去するプロジェクト。

太平洋にはゴミが溜まっているエリアが5箇所もあるそうで、それを太平洋ゴミベルトというそうです。このゴミベルトが海の生態系を侵し、自然をどんどん破壊しているとか。

ゴミベルトにあるプラスチックを除去するために、なんと当時高校生だったボヤン・スラット(Boyan Slat)君が海に浮かぶアレイを考案しました。

そのアレイの仕組みですが、意外にシンプル。

これ素敵なやつ! 高校生が考えた海をキレイにするプロジェクト  2

羽のように伸びた大きなオレンジのポール。このポール状の「浮き」に少しの角度をつけ、海の流れに任せてプカプカと浮かせておきます。そうすることで、そこにゴミが集まってくるというわけです。

詳しくは下記リンクからどうぞ。動画もありますよ。

高校生が考えた海をキレイにするプロジェクト[roomie]

(ギズモード編集部)