ウィンクで写真撮影できるグーグルグラスアプリが登場

ウィンクで写真撮影できるグーグルグラスアプリが登場 1

まさに瞬撮!

グーグルグラスはウィンクで制御可能らしい」ってつい先日お伝えしましたが、その機能を取り入れたアプリがさっそく登場しました。デベロッパーのマイク・ディジョバンニさんが、ウィンクで写真を撮影できるアプリを公開したんです。

ディジョバンニさんが開発したアプリは「Winky」。それは、ウィンクひとつでスタンバイ状態のグーグルグラスを立ち上げて写真が撮れるアプリです。デモ動画を見てみると、ウィンクといっても一瞬パチっと目を閉じるんじゃなく、わりとギューっと目を閉じてから開く必要があるみたいです。通常の瞬きと、意図的なウィンクを識別しなきゃいけませんからね。でもとにかく、手や声じゃなくて目で操作できるってのはまさに未来ですね。

ディジョバンニさん自身も、ウィンクはタッチや声での操作と違って「操作のためにわざわざ動く」感がほとんどなく、これでいろいろなことが変わると感じています。そしてこの機能が実際使われるとどんなことが起きるのか、これから徐々にわかってきそうです。というのは、ディジョバンニさんはこのアプリのソースコードをGitHubに公開していて、今グーグルグラスを持っているデベロッパーならそれを自由に使えるようにしているんです。

このアプリ、単に「こっそり撮影」のために使う人もいるかもしれません。でもデベロッパー向けに公開しているなら、ここからさらに面白い何かが生まれる可能性もありそうです。

Google+ via Verge

Jamie Condliffe(原文/miho)