何が出るのか? WWDCの発表内容を大胆予測!

130424wwdc2013.jpg

こんにちは、ギズモード読者の皆さん! ブログ「Last Day.jp」を書いていますブロガーのまたよし れい@sayobs)です。

今年もAppleのカンファレンス「WWDC」(Worldwide Developers Conference:ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス)の時期が近づいて来ました。今年の日程は6月10日~14日で、場所はサンフランシスコで開催されます。

実は僕も過去に一度WWDCに参加したことがあります。僕が参加した2011年のWWDCは、スティーブ・ジョブズ最後のキーノートになってしまったこともあって、記憶に残るイベントでした。

毎年Appleは重要な製品発表をこの場所で行ってきました。歴代iPhoneや新しいOSは必ずWWDCで発表されています。今年も例年と変わらず新製品の噂や予想が開催前から飛び交っています。開催まで一ヶ月を切ったということで、今月のコラムでは「AppleのWWDC発表内容を大胆予測!」をしてみたいと思います。

過去のWWDCでの発表

130415Steve-Jobs-and-Tim-Cook.jpg

まず初めに過去のWWDCでは、どんなプロダクトが発表されたか振り返ってみましょう。

WWDC 2007

・Mac OS X Leopard(10.5)を発表

WWDC 2008

・Mac OS X Snow Leopard(10.6)を発表

・iPhone 3Gを発表

・iPhone OS 2.0を発表

・App Store、MobileMeを発表

WWDC 2009

・Mac OS X Snow Leopard(10.6)のデベロッパープレビュー版を配布開始

・iPhone 3GSを発表

・iPhone OS 3.0を発表

WWDC 2010

・iPhone 4を発表

・iOS 4を発表

・FaceTime、iMovie for iPhone、iBooks for iPhoneを発表

・iAdを発表

WWDC 2011

・Mac OS X Lion(10.7)の詳細を発表

・iOS 5を発表

・iCloudを発表

WWDC 2012

・OS X Mountain Lion(10.8)の詳細を発表

・iOS 6を発表

・MacBook Pro Retinaを発表

参考:iOS 7は!? WWDC 2013では何が?! 過去のWWDC日程 & 主な発表内容をまとめてみた | Tools 4 Hack

ここから今年のWWDCの内容をハードウェアとソフトウェアに分けて予測してみたいと思います。まずはハードウェアの予測から。

新型iPhoneの発表はない!

20130513ios7mockup.jpg

過去のデータを振り返ってみると、今回は次期iPhone 5Sの発表はなさそです。というのも、過去2機種はいずれも秋に発表されているからです。ですので、恐らくAppleは次期iPhoneを9〜10月に発表すると予想します。

参考:歴代iPhoneの発売日を調べてみました。iPhone 5Sの発売日はいつだろう? | Last Day. jp

次世代時計・iWatchが発表される

130304iWatch.jpg

サプライズがあるとすれば、噂されている「iWatch」の発表です。腕時計にiOSを搭載して発売されるではないか!?との噂が出ています。最近はJawbone UP、fitbit oneなど体に付けて、ライフログを測定する「ウェアラブル・コンピューター」なるデバイスが流行しているので、iWatchでもiOSアプリと連携してライフログを測定できると面白くなりますね。

全てのプロダクトがRetina化

130219_ultrabookvsmba1.jpg

次々にRetinaディスプレイ搭載モデルが発表されるApple製品ですが、WWDCでは全てのAppleプロダクトのRetina対応が発表されるのではないかと予想します。

予想しているのは、MacBook AirとiPad mini、そしてiMacのRetina対応です。僕はMacBook Airを使っているので、個人的にもRetina対応を望んでいます。結構現実味ありますよね。

以上がぼくの予測するハードウェアでの発表になります。ここからはソフトウェアの発表の予測です。

iOS 7の発表

30130430ioswithlotsofjive.jpg

iOS 7ではインターフェースのデザインが一新されるという情報があります。iPhoneシリーズはハードウェアとしては素晴らしい完成度だと思いますので、ソフトの方で革新的なアップデートを期待したい所です。

iOS 7では現在ベータ版の「Siri」の強化を期待します。Siriとアプリの連携がスムーズになると、格段に使い勝手がアップします。

携帯電話から物理キーボードを無くすことに成功したAppleですので、次のステージではキーボードすら触らなくても操作できるようになってほしいです。

個人的な要望としては、「テザリング」や「WiFiのオンオフ」が通知センターから出来るようになると嬉しいです。

OSX 10.9の発表

大きなアップデートではなく、よりiOSとの親和性の高いOSが発表されると予想します。予想する連携の一つは、新しいOSでSiriが搭載される可能性に期待したいです。僕もアラームの設定などでSiriを良く使うのですが、OS XでもSiriが使えると便利で面白いですよね。

例えば、「10:30にスリープしてください」、「iTunesにある◯◯の曲を再生してください」なんて事がMacBook Airででもできたら良いですね。

さいごに

始めに大胆予測と書きましたが、書き終えてみると結構堅実な予想だったかもしれません(笑)。株価が下がるなど最近元気のないAppleですが、今回のWWDCではいつものようにアッと驚くような発表がある事を期待しています。

みなさんはどんな発表を期待しますか? コメントで教えてくださいね!

(またよしれい)