キヤノンからエクステンダー内蔵超望遠ズームレンズ登場

キヤノンからエクステンダー内蔵超望遠ズームレンズ登場 1

世界初!

キヤノンは、世界初のエクステンダー内蔵超望遠ズームレンズ「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」を発売します。

エクステンダーとは、レンズの焦点距離を伸ばすためのアダプター。通常は別売りで、レンズとボディの間に装着して使用するものなのですが、このレンズはそのエクステンダーを内蔵。倍率は1.4倍です。通常は200〜400mmという焦点距離ですが、内蔵エクステンダーを使用すると280〜560mmになります。

なお、エクステンダーを使用するとF値が1段下がります。このレンズは通常時はF4通しですが、エクステンダーを使用している場合はF5.6通しになります。それでも十分明るいですね。

シャッタースピード換算で約4段分の手ぶれ補正機構「IS(Image Stabilizer)」を搭載。Lレンズですので、画質はもちろんこってり鮮やか。ゴーストの発生も抑えられており、9枚羽根の円形絞り採用など、スペック見ているだけでよだれが出ちゃいそうなレンズです。

価格は133万円。え? 133万円?????????

ちょ、おま......。

発売は5月30日です。

EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×[キヤノン]

(三浦一紀)