これがウイスキー? シングルモルトの作り出す神秘

これがウイスキー? シングルモルトの作り出す神秘 1

写真家のアーニー・バトン(Earnie Button)さんがウイスキーを呑み終わったグラスをそのまま食器洗浄器の中に放って置いて発見した不思議な模様。

食洗器の中に放置していたグラスの底に何かあるな、と気がついて、光をかざしてよく観察してみると、チョークのような粉っぽい感じのレースのような模様ができている。これは、と思ったバトンさん、写真に収め始め、もう6年が経つそうです。

かれこれ撮った写真の数は75枚ほどあり、今も続いているプロジェクトです。

Buttonさんの作品たちの特徴は、日常のなんでもないものの中に芸術を見出すようなところ。まさしくこのシングルモルトの織り成す模様は日常の中で流され、消えて、埋もれてしまう現実。こんなに身近なところに神秘が広がっていたなんて。

他の作品は下記リンクからどうぞ。まるで惑星のよう。

これがウイスキー? シングルモルトの作り出す神秘[roomie]

(ギズモード編集部)