めちゃくちゃ危険! 液体窒素スプレー缶(動画あり)

一般使用目的ではありません。

液体窒素とは、気体の窒素を-196度以下に冷やして液体化したもの。舞台の特殊効果や、物体を瞬時に冷凍する等、その使い方は様々で広く使用されています。しかし、使い方によっては大きな事故に繋がる可能性があり、取り扱いが非常に難しいという面もあります。そのとっても便利でとっても危険な品が、スプレー缶になり商品化されています。Brymill Cry-Ac 3は、液体窒素スプレー缶。もちろん一般使用のためではなく、医療の現場や、研究室、または前衛的なシェフのための商品。スプレー缶から液体窒素をターゲットに吹き付ければ、あっと言う間に凍らせてしまうことができます。

商品に触る機会があったネタ元のWiredがその威力を試した動画をアップしていたので、紹介します。スプレーされた花が一瞬のうちに凍り、木っ端微塵に。威力絶大。繰り返しますが、一般使用目的の商品ではありませんから。

Brymill Cryogenic Systems via Wired

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版