スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!!

Sponsored

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 1

えっ、もう一年なのか!

と驚き。開業が2012年5月22日だったので、確かにもう1年経つんですね。開業当時は完全予約制でしたが、最近では当日券もあるため、ブラっと「スカイツリー行ってみるかー!」 ってノリで遊びに行けるのは嬉しいですね。

実は1年前。ギズモードではこの記事でスカイツリーのことを紹介しています。

スカイツリーのこと......っていうか、スカイツリーを構築するテクノロジーのひとつ。僕たちを空へ上げる東芝製エレベーターにスポットを当てた記事で、このエレベーターとCMを紹介しています。

東芝「見てスカイツリー! これ、うちが作ったエレベーター!」

って感じで素敵です。そして1年を経て、なんとCMの第二弾が制作されたとのこと。東芝の本気っぷりを感じさせられますね。まずはその新CMを御覧ください。

「エレベーターはガジェットだ!」

うん。エレベータはガジェットです(断言)。心ときめくテクノロジーが詰め込まれている、それをガジェットと言わずしてなんと言おうか!

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 2

前回の記事でも触れましたが、このエレベーターは定員40名の大容量にして、世界最速クラスの分速600mを実現。上昇・停止時の減速を含めても地上350mの展望デッキまで約50秒で到達してしまいます。

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 3

静音性や安全性もまた、最新技術が惜しむこと無く使われています。速さや容量といった数値だけを追求するのではなく、快適さや安心感を両立させるというのはさすがのひとこと。おもてなしの心を感じさせられます。

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 4

そりゃみんながHoooooo!って顔になるのも頷けますよ! 僕もこの場に居たらちょっとニヤニヤしてしまうかもしれません。「うぉぉぉぉ......上がってる、上がっていく!!」って、超スピードで空にのぼる高揚感を味わってみたい!

また、今回のCM映像では多国籍の方々が描かれていますが、スカイツリーは世界中から注目されている観光スポットとなっています。同じように、東芝のエレベーターも世界各地で活躍中。

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 5

CMで紹介されているとおり、台北の「TAIPEI 101」やクアラルンプールの「MENARA FELDA」などに採用されていますよ。国産企業のテクノロジーが海外のメジャースポットで使われているって聞くと、ちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

そんな世界に誇る東芝の最新エレベーターは、今日もスカイツリーで地上と空とを結んでいます。もしCMやこの記事で興味が湧いたら、今度の休日。スカイツリーへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スカイツリー開業1周年! 世界で活躍する先進技術の東芝エレベーターで展望デッキへGO!! 6

その際には周りの景色だけでなく、ちょっとだけ足元にもご注目ください。僕たちを天空へと導くその技術は、世界で活躍する日本の技術。

そう、エネルギーとエレクトロニクスの東芝が誇る最新技術です。んがっぐっぐ。

東芝エレベータ株式会社 , 東京スカイツリー

(小暮ひさのり)