出かける楽しさを広げるアシスタント・モビリティ「UNiMO」が車椅子の概念を変えた!

出かける楽しさを広げるアシスタント・モビリティ「UNiMO」が車椅子の概念を変えた! 1

バリアフリーからユニバーサルデザインへ。

外観や乗り心地は高級ソファー、動くさまはミニタンク。ナノオプトニクス・エナジーが開発したUNiMO(ユニモ)は従来の電動車椅子や電動カートの概念を超えた、すべての人に「出かける楽しさ」を届ける次世代アシスタント・モビリティです。

出かける楽しさを広げるアシスタント・モビリティ「UNiMO」が車椅子の概念を変えた! 2

動く家具というコンセプトのもと「建築」と「プロダクトデザイン」を組み合わせて作られたUNiMOには、これまでの歩行補助器になかった「楽しさ」が詰まってます。それは誰もが使える電気自動車として、介護・福祉分野にとどまらない様々なシーンを想定して作られているから。もちろん安全性や操作性もこれまでのものから大幅に進化。アシスタント・モビリティという新たな「ツール」として、移動手段に新たなイノベーションを起こすもの。それがUNiMOなのです。これを作ったのはナノオプトニクス・テクノロジーという米子市に本社を持つ会社。

米子市のいちベンチャー企業が、こういった優れた製品をリリースしライフスタイルを変えていく。僕らの暮らす21世紀はそんな時代なのかもしれませんね。

UNiMO via ギズモード米版

(KITAHAMA Shinya)