【詳報】「Xbox One」について、知っておくべきことすべて

130522_xboxone1.jpg

Xbox One誕生!

Xbox 360が発表された2005年5月12日から8年と9日たった今日、その後継となるXbox Oneが発表されました。米Gizmodoはワシントン州レッドモンドにあるマイクロソフトのXbox本部で、その新しいコンソールを目にしました。

ゲームコンソールの発表は数年おきと間隔が長いので、他の新製品リリースにはないくらい、iPhoneだってかなわないくらい、エキサイティングなものです。Xbox Oneはマイクロソフトが少なくとも今後5年間を賭ける製品です。ソニーと任天堂の出方はすでに(大体)わかっているので、今回はマイクロソフトの番です。

130522_xboxone2.jpg

Xbox OneがXbox 360と同じくらい支持されるコンソールになるかはわかりません。8年間世代交代していなかったので、Xbox 360は今市場にあるゲームコンソールの中では最年長になっています。その間Kinectとかメディアストリーミングといった新機能が追加されてきましたが、コアは同じでした。それが今回どうアップグレードされたのか、見ていきましょう!

オールインワンのエンタテインメント

Xbox Oneは、ユーザーの名前や声、ユーザーの動画を認識し、ユーザーの好みも覚えてくれます。そしてゲーム以外のエンタテインメントにも強くフォーカスすることが示唆されています。

Xbox Oneはいろいろなタイプのコンテンツをサポートし、クラウドインターフェースやストリーミングといった新技術も取り入れています。それによってXboxは、オールインワンのホームエンタテインメントシステムを目指しています。

新しいコントロール

新コンソールは、ユーザーが「Xbox、オン」と言うだけで立ち上がります。立ち上がるのは、最後に使っていたところからになります。デモではすごく反応が良かったですが、デモで本当にXboxが動いていたのか、単にそう動くように仕込まれていただけなのかは不明です。

XboxはTVとも統合できます。「Xbox、TVを見て」と言えば、画面にはTV映像が表示されます。この機能のすごいのは、映画やTV、ゲーム、ブラウザといったいろんなコンテンツ間を「Xbox、go to ○○」と言うだけでサクサクと切り替えられることです。

1つの画面にふたつのアプリ

130522_xboxone4.jpg

Windows 8には、ひとつのアプリを使いながら別のアプリを画面の横に「スナップ」できる機能があります。これがXboxでも可能になりました。たとえば動画を見ながら横でIMDBをチェックしたり(これはデモで見ました)、ゲームをプレイしながらそのゲームの攻略法を表示しておくこともできます。

それから、Skypeもできます! 映画を見たりゲームをプレイしたりしながら、Skypeで電話もできます。

130522_xboxone5.jpg

TV試聴

もしくは、「Xbox、go to ESPN」と言ってスポーツニュースチャンネルのESPNを見つつ、自分のファンタジーチームのスコアをスナップで表示したり、リアルのチームの戦績を見たりすることもできます。

さらに独自のTVガイド機能も追加され、そこではKinectを使ったボイスコントロールが可能です。Xboxにチャンネル名とか番組名を言えば、チャンネルを切り替えてくれます。デモでは、従来のKinectでのボイスコントロールよりはるかに正確そうに見えました。また、「Trending」ページに行けば人気のあるコンテンツをチェックできます。

ハードウェア

今回Xbox Oneのアップグレードポイントは3つあります。新アーキテクチャのハードウェア、KinectやSmartGlassといったアクセサリ、新Xbox Liveです。

130522_xboxone6.jpg

新アーキテクチャは、アプリやコンテンツ間の高速な切り替えを担います。ただそれは、過去のXboxのゲームとの下位互換性がないことも意味します。マイクロソフトは発表では明言しませんでしたが、おそらく古いゲームを新ハードウェアでプレイするにはPS4みたいにゲームストリーミングを使うのではないかと見られています。これについてはわかり次第またお知らせしたいです。

Kinectはユーザーやユーザーの声に反応すべく「完全にリデザイン」され、より対話ができるようになっています。動きの検知にかかる時間はたった130億分の1秒です。

新Kinectには1080pセンサーが搭載され、60fpsの動画も撮れるし、検知性能がはるかに精細になりました。たとえば手首のひねりや体のバランス、心拍数も検知します。完全に次のレベルに行っています。センサーの検知範囲は60%広がりました。赤外線ビームと、光がKinectから出てユーザーに当たって跳ね返ってくるまでの時間を測る「タイム・オブ・フライト」技術を使っています。マイクロソフトによれば、完全に真っ暗なところでも使えるそうです。

130522_xboxone7.jpg

コントローラーにも新機能が満載で、たとえばトリガーをゲームプレイに応じて振動させられたりします。

SmartGlassも大幅アップグレードされました。従来のようにシステムへのアドオンという位置づけでなく、プラットフォームのネイティブな一部として扱われます。

Xbox Liveも大オーバーホールされてます。今は1万5000台のサーバー上で動いているんですが、今年中に30万台に増強されます。映画や音楽、ゲーム、セーブデータにどこからでもアクセスできます。Xbox Oneは常時接続ではありません。ただ、デベロッパーがマイクロソフトのAzureコンピューティングを使った場合には、シングルプレイヤーのゲームであってもオンラインじゃなきゃプレイできなくなります。デベロッパーにはこれを使う義務はありませんが、マイクロソフトでは推奨しています。

130522_xboxone8.jpg

このオンラインゲーム機能で、中古ゲームの利用にも制限が出てきそうです。というのは、この機能はいったんオンラインで有効にするとXbox Liveアカウントとひも付けられるからです。

Xbox OneにはDVRの編集・共有機能もネイティブに入っています。これでゲームプレイのハイライト動画を作ったり、共有したりもできます。マッチメイキングもより洗練され、これで多分同じ相手に何度もこてんぱんにされることもなくなりそうです。今までよりさらにグローバルになり、多分より多くの人をゲームに連れてきてくれそうです。

EAとのパートナーシップ

EAはマイクロソフトとXbox Liveの新技術を駆使して、新ゲームタイトルを開発しています。FIFA 14、Madden 25、NBA Live 14、UFCがこれから12ヵ月の間に次々ローンチしていきます。EAではこれらのゲームではプレイ方法が変わると行っています。そこでは、今日発表された新ゲームエンジン、EA Sports Igniteが使われます。

EA Sports Igniteは、意思決定や文脈を伴う動きをよりリアルに表現するものです。アニメーションはTrue Player Motionと呼ぶ技術で10倍精細になり、雲は3Dで描かれます。全体的に何もかもがますますリアルになるはずです。

それからFIFA 14のUltimate Teamモード(一番プレイされているモード)は、Xboxでの独占提供になります。

Xbox One上で新エンジンのデモを見た感じでは、ディテールの細かさが目立つのは比較的軽めの動きのときです。たとえばディフェンス陣がブロックをかわそうとしたり、メッシがタックルしてきたプレイヤーを避けようとするような場面です。従来のハードウェアでは見られなかったような細やかな動きが見られます。

130522_xboxone9.jpg

Xbox One専用タイトル

マイクロソフト・スタジオからは、いくつか独自ゲームも発表されました。Xbox One最初の1年で15タイトルがリリースされ、うち8つはまったく新しいタイトルになります。マイクロソフトでは、新しいゲームのプレイ方法にフォーカスしようとしています。Forza Motorsport 5がXbox Oneで動いているのを見ましたが、光の反射や素材のテクスチャの表現、ライティングなどが素晴らしかったです。ただ、ドライビングゲームってシネマティックな部分を見るとたいてい美しく見えるものです。

Remedyからは、Max PayneシリーズのQuantum Breakって新ゲームも発表されました。プレビュー動画がこちらです。

またCall of Dutyのダウンロード可能なコンテンツ(DLC)はXbox Oneで最初にローンチします。

EAではCall of DutyのGhosts機能をデモしていました。簡単に言うと、「自分だけの軍用犬がずっと付いてくる」って感じです。

Xboxオリジナルコンテンツ

Xbox Oneは没入感、スマートなリコメンデーションによるパーソナル感、そしてソーシャル感を持った存在になろうとしています。映像制作会社も、Xbox Oneの没入感を可能にする機能を使ってコメディやドラマ、スポーツといったTVで見るようないろんなコンテンツを作ろうとしています。それはHaloから始まります。

今日、Haloを開発する343 Industries studioがスティーブン・スピルバーグのプロデュースによるHalo TVを発表しました。ゲームのHaloをベースにしたTVシリーズです。

130522_xboxone10.jpg

NFLとのパートナーシップで、Xbox独占コンテンツを作ることも明らかになりました。でもこれはファンタジースポーツの記録情報がもっと詳細になるとか、ネイティブアプリをライブ放送の横で使えるといったことのようです。

発売時期

Xbox Oneは「今年中」に発売される予定だそうですが、これはほぼ年末商戦に合わせるという意味だと思われます。参考までに、Xbox 360の場合、5月発表で6ヵ月後に発売されました。

なお、こちらのページで中継動画の日本語通訳付きバージョンが見られますよ。

Kyle Wagner(原文/miho)