オープンソースの目覚まし時計「Xronos」

オープンソースの目覚まし時計「Xronos」 1

ハックできる時計。

このアーケードゲーム風味の時計Xronosは、いろんなカスタマイズが可能です。たとえば数字のLEDの色は緑じゃなく赤とかオレンジにもできます。光がちょっと明るすぎるなーって思ったら、弱くすることもできます。アラーム音も10種類から選べます。数字のフォントも変えられます。温度センサーも内蔵されてます。...って、それくらい普通にありそうって思われるかもしれません。

でもたとえば、曜日ごとにアラームの設定を変えられたりする機能は普通に便利です。それからアラーム音はmicroSDカードに保存されているので、カードを入れ替えれば自分の好きな曲で目覚められたりできます。ただしカードスロットがあるわけじゃないので、microSDカードの交換には本体の分解が必要ってところにかえって男らしさを感じます。

というか、このXronosはオープンソースで、ファームウェアのソースコードとか設計図も公開されています。なのでやる気と技術があれば、LEDの色とか音楽どころか、たとえば「真ん中のボタンを1秒間16連打しないとアラームが鳴り止まない」みたいな設定にすることもできるのかもしれません。

お値段は235ドル(約2万4000円)と、目覚まし時計として見れば高めです。でもこれは単なる目覚まし時計というより、自分だけのために作り変えられる目覚まし時計型おもちゃなのかもしれません。

Xronos Clock via Etsy via Technabob

miho(米版 Andrew Liszewski)