1204℃に煌々と熱しても素手で持てる、NASAが使っていた魔法の耐熱タイル(動画)

科学と魔法は紙一重ですね。これは科学なのだけど魔法にしか思えません。焼き立てはクッキーだってアチチなのに...な、なんで!!!!? 

これ実はNASAが大気圏再突入でスペースシャトルを熱から守るため使っていた耐熱タイルです。新技術ってわけじゃないですけど、Redditで「あんまり有名じゃないけどスゴい技術」というお題で筆頭にあがっていたもの。確かに動画で見ると、すごいわ...。

素材は「LI-900」です。いわば高純度石英(クォーツ、水晶)砂でできたスポンジなんですな。

こんなに赤々と熱しても触れるのは、

・体積の94%は空気

・質量の99.9%はシリカガラス

だから。

このコンボだと、笑っちゃうぐらい熱が伝わらないので、こうして端っこのとこ触っても熱くないんです。いくら口説いても熱が伝わらない彼女のよう。

炉から取り出してそのままジャグリングとかも、いけそうですね。

Reddit]関連:よくスペースシャトルの耐熱タイルは日本製という人がいますがそのソースはどこに... - 知恵袋

ERIC LIMER(原文/satomi)