200キロカロリーって実際どれくらい? いろんな食べ物で比較してみました(動画)(追記あり)

2013.06.26 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ものによって山ほど違う量。

夏、体型が気になる季節です。「ダイエットのためにカロリーの低いものを食べよう!」なんて思うものの、そもそもカロリーって、たとえば「200キロカロリー」っていったら、どんなものがどれくらい食べられるんでしょう?

そんな疑問に答えてくれるのがASAP Scienceによる上の動画です。たとえばリンゴやブロッコリー、セロリならお皿いっぱいですが、チーズは大きめの2切れ、ビッグマックなら半分以下しか食べられません。

この動画では、カロリーについての基本的な知識も解説してくれています。たとえば1カロリーとは、1グラムの水を摂氏1度分上昇させるのに必要なエネルギーだとか、たいていの人は1日あたり2000カロリー~2700キロカロリー摂取しているとか。だから200キロカロリーっていうのは、だいたい1日に食べる量の10~13.5分の1なので、1日に食事を3回食べるとすれば1回の食事の量は動画に出てくる量の3.3~4.5倍くらいが平均的ってことですね。

それからカロリーの元になるのは炭水化物、タンパク質、脂肪で、それぞれ1グラムあたり4カロリー、4カロリー、9カロリー含んでいます。だから脂肪分の多い食べ物を避ければOK! かと思いきやそうとも限らなくて、たとえば牛乳とコーラどちらか200キロカロリー分飲むとしたら、コーラの方がたくさん飲めるけど、牛乳の方がいろんな栄養が入ってる...ってこれは直感的にもわかりやすいです。

他の食べ物の200キロカロリー分の量もこちらで見られます。こうして知識を仕入れると、それだけでちょっとダイエットにやる気が出てくるかも。


編集部追記:初出時にカロリーと文中に記していましたが、単位をキロカロリーに訂正いたしました。それに伴い文中の(日本語ではキロカロリーと呼ぶことが多い)は削除いたしました。ご指摘ありがとうございました。


■カロリーに関する関連記事


ASAP Science

Leslie Horn(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オムロン 活動量計 カロリスキャン HJA-310-B ミント
  • オムロン(OMRON)