[ #WWDC2013 ]OS X Mavericksについて、知っておくべきことすべて

130611_mavericksall1.jpg

ネコ科じゃない、新生OS X!

今日のWWDCの目玉はiOS 7...と思われてますが、アップデートされるOSはそれだけじゃありません。新しいOS Xとして、コードネーム「Cabernet」、またの名をOS X Mavericksが発表されました。今回のアップデートでは、アップルのプラットフォーム横断でのパフォーマンスが向上するように設計されています。なので、OS X Mavericksにアップグレードすると、Macが使いやすくなるだけじゃなく、生活全体が快適になるはずです。

OS X Mavericksには、パワーユーザーにうれしい細やかな改善点がたくさんあります。アップグレードされた点の多くはiOSにヒントを得たもので、iPhoneやiPadを使っている人には特にうれしいものになっています。アップデートによってiMessageやiCloudの細かいアラもきれいになるし、ソフトウェアのコアの部分もオーバーホールされます。たとえば、ファインダーにはタブやタグといった新しいブラウジング機能が追加され、これによってMac内を見て回るのが今まで以上にWebサーフィンっぽくなります。

130611_mavericksall2.jpg

さらに、複数スクリーンを使いこなすパワーユーザーにとっては、フルスクリーンアプリのサポートが複数ディスプレイでサポートされるのがうれしいと思います。ドックやメニューバーも、それぞれのディスプレイで使えます。それから、Photoshopをメインのディスプレイでフルスクリーンで動かしながら、Spotifyをセカンダリディスプレイでフルスクリーンで聴く、といったことも可能です。Mission Controlもより強力になり、Apple TVをパソコンとつなげてフルパワーのディスプレイとして使うことができます。なのでMission ControlからApple TVにウィンドウを動かすこともできます。

パフォーマンス向上

OS X Mavericksでは縁の下の力持ち的な改善もいろいろあり、バッテリーライフも向上、メモリも圧縮、いわゆる「Timer Coalescing」という技術も導入されています。これらの改善によって、OS X Mavericksを搭載したシステムはMountain Lionよりも1.5倍の速度を実現しています。

それから、パスワード管理アプリにも大きなアップデートがありました。これは「iCloud Keychain」と名付けられたもので、Mac内のアプリ用のパスワードを管理してくれるだけじゃなく、Webサイト上の個人情報も入れておいてくれます。パスワード忘れて何度も入力し直すってこともこれからはなくなりそうです。

Safari

Safariのバックエンドにもいろんなアップデートがあります。たとえばページの一時停止機能「App Nap」とか、タブをバックグラウンドで動かしてメモリやバッテリー消費を抑え、処理速度向上させるといったことがあります。iOSにはこうした技術がすでに使われていて、そのおかげでWebブラウジングが高速になっています。この裏側にはJavascript周りの処理改善やバックグラウンドでのタブ最適化といった技術があります。SafariはこれまでもFirefoxより30%、Chromeより50%速かったんですが、これからは300%速く(!)なります。しかも消費電力は少なくなります。

それ以外では、ブラウザ内の機能が改善・拡張されました。一番面白いのはブラウザ左側のサイドバーです。たとえば「あとで読む」的リーディングリスト機能があり、保存した記事をエンドレスにスクロールしていけたり、ソーシャル共有機能的な「共有リンク(Shared Links)」を使えたりします。言いかえれば、Sarafiは今月いっぱいで使えなくなるGoogle Readerに代わる存在になろうとしてるかのようです。

カレンダーと地図

130611_mavericksall5.jpg

ここでフラットデザインが登場です。新たなカレンダー地図アプリは、慣れ親しんできたiCalアプリやGoogle Mapsアプリのようです。でも機能は新しくて、たとえば天気予報や地図や移動時間をカレンダーのイベントに入れられたり、地図をMacからiPhoneにすごく速く送れたりできるようになりました。地図アプリはアップルのフライオーバー機能を使って見た目的に魅力的になり、都市の3Dビューを大きな画面でラグ無しで見ることができます。バケーションの計画も楽しく、簡単になりそうです。

130611_mavericksall3.jpg

iBooks

予想されてたかもしれませんが、iBooksがiPadからMacにポートされました。機能はだいたい同じですが、画面サイズが大きいので、メモを取ったり、勉強用のカードを作ったりがやりやすそうです。

130611_mavericksall4.jpg

これらは比較的細かなアップグレードなので「すげえええ!」とはならないかもしれませんが、敬虔なアップルユーザーが長く望んできたシンプルな機能を提供してくれました。

OS X Snow LeopardやLionを使っている人は、OS X Mavericksにアップデートすればパフォーマンスや安定性がかなり向上しそうです。でもMountain LionでChromeを使っている人なら、あえてMavericksを買う必要を感じないかもしれません。OS X Mavericksの公開は今年秋の予定です。

Adam Clark Estes(原文/miho)

↓ ↓ ↓ まとめ記事はこちらから ↓ ↓ ↓

130611_wwdc_banner.jpg
[ #WWDC2013 ]ぜーんぶここでどうぞ! アップルの発表は、ここだけ読めば全部わかるまとめ!