Xperia Z、次の「スキンなしAndroidフォン」になるか?

フラッグシップ機は順次Google Editionも、ってこと!?

グーグルがNexusラインを今後維持するのかどうかはさておき、「Google Edition」、つまり「OEMメーカーの端末なんだけど、(余計な)スキンはなし」のスマートフォンがこれからも出てくるようです。最初にサムスンのGalaxy S4のスキンなし、SIMフリー版が出て、次はHTC Oneが来ました。そして今、ソニーのXperia Z第3のGoogle Edition端末になるのではないかと噂されています。

ソニーがすでにASOP(Android Open Souce Project)でコードを公開していることを考えると、Google Editionの登場もそれほど不自然ではありません。もし実現するなら、今後Androidのフラッグシップモデルは基本的にすべてGoogle Editionも出るって流れになりそうです。ネタ元の匿名情報源によれば発表されるのは「7月のどこか」だそうですが、本当に来るのかどうか、見守りたいと思います。

AndroidGeeks via Phandroid

Sam Gibbs - Gizmodo UK(原文/miho)