ASIMOの弟が福島第一原子力発電所で働きはじめました

ASIMOの弟が福島第一原子力発電所で働くそうです

ホンダと独立行政法人産業技術総合研究所が、遠隔操作で原子炉建屋内の構造把握と現場調査を行う「高所調査用ロボット」を共同で開発、6月18日から福島第一原子力発電所で働き始めました。

このロボットはクローラー式高所作業台車と調査用アームロボットが組み合わさったもの。ホンダが手がけたのは11もの関節を持つ調査用アームロボット部分、クローラー式高所作業台車は産総研が担当しました。ホンダはASIMOの開発で培った

・三次元のポイントクラウドにより、調査対象の周囲の構造物を立体的に表示する技術

・多関節を同時に制御するシステム

・アームが周囲の構造物に接触した際にその衝撃を吸収する制御技術

などの技術を応用。特に関節の動きに注目! スムースすぎて見惚れますよ!

130619-0339288_01130619-0339288_02130619-0339288_04130619-shiyou1

アームの先端にはズームカメラ、レーザーレンジファインダー、線量計などが備わり、映像および線量を有線または無線LANでPCへと送り、その場にいなくても現地の状態がわかるようになっています。

活躍を期待しています!

「高所調査用ロボット」東京電力 福島第一原子力発電所で稼働を開始[高所調査用ロボット 開発ストーリー] 技術は人のためにー ASIMOの技術、福島第一原発へ[ホンダ]

(武者良太)