au版iPhone5のLTEの人口カバー率、今は71%くらいみたい

au版iPhone5のLTEの人口カバー率、今は71%くらいみたい 1

思ったより高め?

au版iPhone5のLTE人口カバー率の不当表示が話題になったのはつい先日。人口カバー率が96%と表示していたものの実は14%でした、ということにビックリした方も多いはず(自分もその一人でした)。先ほど、KDDIはauが4G LTEとしてiOSで使用している2.1GHz帯(主に37.5Mbps)における人口カバー率を発表しました。

au版iPhone5のLTEの人口カバー率、今は71%くらいみたい 2
トップ画像含め赤い枠がau版iPhoneの人口カバー率。編集部の方で赤枠でくくりました

2.1GHz帯のエリアカバー率は71%。その中で、10MHz幅以上(主に下り最大75Mbps対応)のLTEエリアは20%(3月は14%)、15MHz幅(112.5Mbps)は1%未満とされています。上の表を見ると、3月には63%だったので、2ヵ月で8%の拡大していることになります。来年3月末にまでには、80%まで拡大する予定とのこと。

また、人口カバー率の算出方法は事業者により異なると言及していて、KDDIは以下のような定義をとっているようです。

■ 全国を500m四方に区分したメッシュのうち、当社サービスエリアに該当する

メッシュに含まれる人口の総人口に対する割合

■ メッシュの一部をエリアカバーしている場合には、該当するメッシュ内の面積

カバー率(メッシュ面積率)を算出し、該当メッシュ人口×メッシュ面積率にて

カバーされる人口を算出

人口カバー率は、各社バラバラ。auでは500メートル四方のマス目を基準に計測するってことみたいです。これ、各社で統一した方が便利な気がするんだけどなぁ。

KDDI

(嘉島唯)