BOSEの史上最高ノイズキャンセリングはほんとにすごかった。QuietComfort 20が9月に発売

130607boseqc20.JPG

集中したいときにいいんだよね、これが。

BOSEがインイヤータイプのノイズキャンセリングヘッドホンQuietComfort 20を発表しています。BOSEのインイヤータイプでノイズキャンセリングが搭載されたヘッドホンは初めての発売になりますが、大型のQuietComfort 3と15に負けず劣らずの消音性能です。

装着させてもらう前は、インイヤーならノイズキャンセリングの効きはそんなに期待できないだろうなぁーと思ってたんですよ。本気でね。でもね、違った。QC20は独特の形状をしてるStayHearとチップの遮音性と、ノイズキャンセリング技術によって、高い静寂空間を作り出してくれます

試聴時には、80デシベル以上の騒音が鳴り響く中でQC20を装着していましたが、ほっとんど騒音は聞こえませんでした。すごいよこれ...!

130607noise1.png

公式サイトからノイズキャンセリングの紹介動画をご紹介します。

まず、外部の音を電気的に感知するために、ヘッドホン内側と外側に倍増された小型マイクで測定

130607noise4.png

BOSE独自のDPSが再生中の音楽などの再生音と外部の騒音と比較して

130607noise5.png

騒音と逆の音波を送り出してくれるので、騒音を打ち消してくれるテクノロジーがノイズキャンセリング。これだけ小さいボディでノイキャンですよ。

それと、QC20独自機能として、騒音を消しながら周囲の音を聞きやすくしてくれるAwareモードが搭載されています。試聴してた時にAwareモードを試したところ、人の声が耳に届くようになったので、電車やバスなどのアナウンスも聞き逃さないで済むかもしれません。

個人的にQuietComfort 15を使っていて、いつも電車で降りる駅を間違えたり、人の話聞いてないでしょ。とか言われるのでAwareモードは嬉しいところ。夏に耳を覆い被せるタイプはあっついので夏前に出て欲しかったけど、これは欲しい!

QuietComfort 20はアップル製品用の20iと、Android Windowsに対応した20があります。共に発売は9月で価格は31500円となっています。その他詳しい情報は公式サイトでどうぞー。

Bose QuietComfort 20i , Bose QuietComfort 20

(大野恭希)