新型iPhoneのリリース時期をアナリストが推測。廉価版は7月、5Sは10月、そしてiPhone 6は来年はじめに登場か?

新型iPhoneのリリース時期をアナリストが推測。廉価版は7月、5Sは10月、そしてiPhone 6は来年はじめに登場か? 1

来週の月曜日に迫ったWWDC。そこでのお披露目が期待されているiPhoneの新作について、アナリストたちの発表している予測をお伝えします。

まずは廉価版iPhone。Topeka Capitalのアナリスト、ブライアン・ホワイト(Brian White)氏はホワイト、ブラック、ピンク、ブルー、イエローの5色がラインナップされ、今年の7月にもリリースされると予測。プラスチック製で丸みを帯びたデザインはこれまで報じてきた通りですが、気になるのはその名称。同氏は廉価版iPhoneのことを「iPhone mini」と呼んでおり、これまでのものより小さいサイズのiPhoneとなる可能性を示唆しています。どれくらいコンパクトになるのか。iPhone 4時代のサイズに戻るのか、それとも大胆なサイズ変更があるのかまでは明らかにされていません。

新型iPhoneのリリース時期をアナリストが推測。廉価版は7月、5Sは10月、そしてiPhone 6は来年はじめに登場か? 2

続いてiPhone 5SおよびiPhone 6について。Citigroupのアナリスト、グレン・ユエン(Glen Yeung)氏はディスプレイ生産にトラブルが生じたため、新作の制作が計画より1ヶ月ほど遅れていると指摘。その結果iPhone 5Sは今年の10月リリース、iPhone 6は来年の1〜3月にリリースされるだろうと推測しています。iPhone 5Sでは指紋センサーが導入され物理キーが廃止される噂されていますが、それに伴いディスプレイも従来のモデルから大きく変更されるのでしょうか?

果たして彼らの推測は的中するか? WWDCは現地時間6月10日に開催です!

Business Insider , BARRON'S via 気になる、記になる... , ガジェット速報

(KITAHAMA Shinya)