家にいながら会社にはロボットが出勤! するシステム、iRobotとCiscoが開発

    家にいながら会社にはロボットが出勤! するシステム、iRobotとCiscoが開発 1

    これなら家にいても出勤気分!?

    電話とかメールとかメッセンジャーとかを使いこなせば、オフィスに出勤しないで家からも仕事がある程度できる時代になりました。それでも、「やっぱりオフィスじゃないとね~」ってこともあります。そんなシチュエーションのために、iRobotCiscoが共同であるシステムを開発しました。

    それは、iRobotのロボティクスプラットフォームであるAvaと、Ciscoのビデオ会議ハードウェアを合体させたAva 500です。高解像度のカメラと、21.5インチのHDディスプレイが搭載されています。Ava 500は自在に移動できるので、Ava 500の操作はiPadのゲームみたいに簡単です。

    実際Ava 500を動かすときには、iPadでインタラクティブな地図を見ながら操作します。または、特定の部屋や特定の社員の名前を指定して、そこに向かわせることもできます。さらに「パブリックモード」にすれば、目的地に着くまでの間にすれ違う人とおしゃべりできて、「プライベートモード」にすれば移動中はディスプレイがオフになります。会議とか会話とか、目的を果たしたら、ロボットは自動で充電ステーションに戻っていきます。

    基本的に企業向けなので価格は未公開ですが、多分ルンバよりさらに気軽じゃない価格になると思われます。発売時期は2014年初頭の予定です。

    まあ、テレビ会議できればいいだけならテレビ会議システムもあるし、会話したいだけなら話す相手のコンピューター画面に映ればいいだけじゃ? っていう気もたしかにします。でも、単に会話ができるってだけじゃなく、ロボットっていう実体があることが何か大事な気も...します。未来のオフィスにはこんなロボットが適度にいっぱいいて、会議が終わるとそのままランチに流れ...なんて想像するとちょっと楽しいです。

    家にいながら会社にはロボットが出勤! するシステム、iRobotとCiscoが開発 2

    iRobot

    Andrew Liszewski(原文/miho)