新しい攻殻はこうして作られた。「攻殻機動隊ARISE」の総監督 黄瀬和哉さんにインタビュー

攻殻機動隊ARISE 黄瀬和哉 

遂に6月22日に上映開始される「攻殻機動隊ARISE」。攻殻機動隊が設立されるまでの前日譚を描いたお話になります。Kotaku JAPANでは過去には草薙素子のデザインや、ロジコマに関する記事を取り扱ってきましたが、今回は本作品の総監督である黄瀬和哉さんに、攻殻機動隊ARISEに関する詳しい話や、もの作りに対する姿勢をお伺いしてきました。

 

ーー本日はよろしくお願いします、

黄瀬和哉総監督(以下:黃):よろしくお願いします。

ーーまず作品のお話から聞かせてください。「攻殻機動隊」の新作ですが、どのように総監督としての取り組みを行いましたか? まず制作に関するお話からお願いします。

:今回の「攻殻機動隊ARISE」はスタッフを一新してやっていますので、(今までの攻殻機動隊と)同じものは出来ないと思っていました。新しいものにならなくても、違うものになるという確信がありました。

スタッフには「今までの攻殻機動隊を見直したりしないでください」と言ってました。過去の作品を振り返ってしまうと「攻殻機動隊はこうあるべき」というイメージに引っ張られてしまい、イメージが固定されてしまうので、影響を受けないようにニュートラルでいてくださいと。


ーー攻殻機動隊シリーズでは電脳化や光学迷彩など、未来の技術が沢山登場しますが、今回の攻殻機動隊ARISEでは、時代の設定が今までの作品より過去の話になっています。劇中でその辺りをどのように考えて演出を行いましたか?

:当時のことをやろうとしても、そんなに新しく見えないんですよね。時代的になにを持ってくれば新しいモノになるのかと、考えていました。今作は今までとは違い少し前の話なので、レトロっぽいモノを出してもいいかなと。さすがに黒電話は出てきませんが。(笑)

攻殻機動隊ARISEに登場するSurfaceは、劇中では古いツールにはなってしまうのですが、世界中で、標準ツールとして気軽に誰でも使えるようなものなら問題ないと思いました。


新しい攻殻はこうして作られた。「攻殻機動隊ARISE」の総監督 黄瀬和哉さんにインタビュー[Kotaku Japan]

(ギズモード編集部)