ドコモのMVNOが熱い! 月額料金1000円以下のデータ通信専用サービスの比較

130626mvno.jpg

NTTドコモのMVNOが提供する月額料金1000円以下のデータ通信サービスに新しいサービスが発表されたり、それに対抗した既存サービスの拡充が行われるなど、激しい競争が続いています。

今回は、月額1000円以下の格安データ通信サービスに的を絞り、各社のサービス内容の紹介やサービス利用時の注意点について取り上げていきます。

MVNOとは?

今回紹介するサービスは全て、NTTドコモのネットワークをMVNOとして借り受けている事業者が提供するサービスです。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、携帯電話の基地局などのインフラをドコモなどのMNO(Mobile Network Operator)から借りて、携帯電話向けサービスを提供する事業者のことで、今回紹介するドコモのMVNO以外にも、WiMAXやイー・モバイルがMNOとなる通信サービスが、各種MVNOより提供されています。

MVNO各社では、通信速度や通信容量に制限をする代わりに、月額料金を抑えたサービスを提供したり、回線の混雑が少ない日中のみ通信速度が速く、回線の混雑する深夜時間帯については通信速度が遅くすることで料金を下げるなどの工夫を行っているほか、1つの契約で利用可能なSIMカードを複数枚用意するなど、MNOが行っていないサービスを提供することにより、さまざまな形でサービスに付加価値を提供しています。

MVNOが提供するデータ通信専用サービス利用のメリット/デメリット

MVNOが提供するデータ通信専用サービス利用のメリットとデメリットをご紹介します。

今回紹介するサービスは「月額1000円以下の格安データ通信」ですので、本家のドコモが提供するデータ通信サービスと比較して、何よりも「毎月の通信料金が安い」というのが最大のメリットになります。

※本家のNTTドコモ回線を格安で利用する手段もあるのですが、そちらは当記事の趣旨と逸れますので、割愛させていただきます。

また、ドコモの提供するデータ通信サービスでは、二年契約に申し込まない場合は月額料金が高くなってしまいますが、今回紹介するMVNOの格安データ通信サービスは、基本的に利用期間に制限が無く(あっても短期間)、「お試しで利用したい」または「短期間だけ利用したい」という場合でも、違約金の設定などが無い、あるいは制限が厳しくないなどで、契約のハードルが低くなっています。

一方でデメリットとしては、MVNOが提供する格安データ通信サービスでは、通信速度や容量に制限が厳しく設定されているため、大容量のファイルダウンロードを行うなどの用途には向かず、利用用途が制限される点や、MVNOのデータ通信サービスでは、ドコモの提供するコンテンツサービスで利用できないものがあります。

また、通信速度が制限された状態になると、動画閲覧は基本的に難しくなり、Webサイトの閲覧などにも、速度制限が無い状態と比べると通信速度が遅くなり、ストレスを感じることでしょう。このあたりは、月額料金が安いサービスであることとのトレードオフになっています。

当然ながら、上記のサービスはデータ通信専用となっていますので、データ通信にのみ利用可能で、音声通話を行うことができず、音声通話を行うためにはデータ通信サービスを利用して音声通話を行う必要があり、通常の音声通話と比べると品質が安定しなかったり、利用の手続が面倒などのデメリットがあります(音声通話ができないのは、本家ドコモのデータ通信専用サービスでも同等ですが)。

120601_iPhone4S_cut.jpg

その他、細かい点にはなりますが、MVNOのデータ通信サービスでは、スマートフォンなどの端末上に電波強度が正しく表示されない機種があるため、スマートフォンにこれらのSIMカードを挿して利用すると「電波状態がスマートフォンで確認できない」場合があるため、この点にも注意が必要です。

なお、モバイルWi-FiルータにSIMカードを挿して利用する場合は、モバイルWi-Fiルータ上に電波強度が表示されるため、この問題は発生しません。

端末への各種設定などのサポートについてもドコモのサービスではなく、MVNO各社が行っているサービスとなっているため、各種設定が不明な際もドコモショップ店頭でのサポートを受けることができず、各事業者に電話またはインターネットなどを利用して問い合わせする必要がある点にも注意が必要です。

各社のサービス比較

「月額1000円以下のデータ通信サービス」の主なサービス内容は以下のようになります。

130626mvno_hyo.jpg

利用できる端末は?

今回紹介する「ドコモのMVNOサービス」で利用できる端末は、大別すると以下の二種類になります。

(1)NTTドコモから販売されているスマートフォンやモバイルWi-Fiルータ

(2)SIMフリーで販売されている端末のうち、ドコモの周波数で利用が可能な端末

(1)のNTTドコモから販売されているスマートフォンやモバイルWi-Fiルータは、ドコモのネットワークで利用できる状態で販売されているため、今回紹介している、ドコモのMVNO各社のSIMカードが問題なく利用できます。

少々注意が必要になるのは(2)のパターンです。例を挙げると、NTTドコモが提供するサービスとしては、LTEの下り通信速度が最大112.5Mbps(2013年6月現在)になるサービスがLTEのBand 21と呼ばれる周波数帯を使用して提供されていますが、例えば「iPhone 5ではこの周波数帯に非対応となっているため、SIMフリーのiPhone 5と、MVNOのデータ通信カードを組み合わせて利用すること自体は可能ですが、下り最大112.5Mbpsのサービスには非対応」となりますので、(2)のケースで利用する場合は、ネットワーク側が対応する周波数と、端末側が対応している周波数をチェックした上で利用する必要があります。

今後の展開は?

今回消化した各種MVNOのデータ通信サービスは、インターネットでの申し込みが基本になっていることもあり、全国にあるドコモショップでの販売や提案が可能な本家ドコモのデータ通信サービスと比較すると、MVNOのデータ通信サービスは、まだ多くのユーザには知られていない、という印象があります。

一方で、MVNOでも日本通信やBIGLOBEがイオンと提携し、全国のイオンでSIMカードの購入や通信サービスへの申し込みができるようになったことで、より広い層に「MVNOの格安データ通信サービス」を届ける場がつくられており、今後、従来より多くのユーザに向けたサービスの展開にも期待できます。

1日あたりの通信容量に制限をかけたり、1か月あたりの通信容量やプロトコルを制限することで「格安」サービスを実現している各社ですが、今後も本家ドコモが提供しているデータ通信サービスとはひと味違ったサービスを、MVNO各社の今後のサービス展開として期待したいと思っています。

IIJmio , OCN , b-mobile

(島田 純)