NTT副社長がドコモのiPhone導入に対し「競争に打ち勝つための手段としてある」と発言

NTT副社長がドコモのiPhone導入に対し「競争に打ち勝つための手段としてある」と発言 1

スマートフォン戦線に新たな動きです。

ロイターの報道によりますと、NTTの株主総会にて株主からの質問に対し、渡辺大樹副社長が次のような発言をしたそうです。

渡辺副社長は「アイフォーンを販売していないことで、結果的にドコモがやや苦戦しているのは事実」と指摘。その上で「最終的にドコモが判断することだが、当面の競争に打ち勝つための手段としてあるだろう」と述べた。

この発言はグループ会社の副社長としても、NTTドコモの業績アップのためにiPhoneがほしい、という趣旨として考えられますし、グループ全体の注目度を高めるためにポロりとしてしまった可能性もあります。

Xperia AやGALAXY S4の販売が好調とはいえ、そろそろ反撃してもいいですか? とまではなっていない様子。他社さまはご覚悟くださいということでiPhoneの取り扱いに乗り出す可能性はあるでしょう。続報があり次第、またお届けします。

ドコモのiPhone販売、手段としてある=NTT副社長[ロイター]

(武者良太)