「今どんな風に動いてる?」センサー情報をリアルタイムに発信するサッカーボール、アディダスが発表

「今どんな風に動いてる?」センサー情報をリアルタイムに発信するサッカーボール、アディダスが発表 1

スポーツの技術は、事実確認が難しい曖昧な状況下でのパフォーマンス最大化を求められるのが典型的なパターンです。でも、miCoachなどでスポーツマンたちを科学的にサポートしているアディダスが、またまた強力なモノを作っちゃいました。それはボールの状況を事細かに伝えてくれる、センサー付きサッカーボール。

今回アディダスから発表されたスマートボールは、独自アプリと連携し、そのスピードや回転、距離、方向などを報告してくれます。基本的には動きに関する情報すべてと思っていただいてよいでしょう。公式スペックは公開されていませんが、このボールには様々なセンサーがついていて、リアルタイムにその情報を報告していきます。

アディダスはかなり前からスマートボールの開発に取り組んでいて、これまでにもゴールライン技術(ボールがゴールラインを通過したかどうかレフェリーの判断をサポートする技術)を搭載したサッカーボールなどを発表しています。

FIFAは基本的にこうした技術の採用が遅いため(ゴールライン技術は2014年のW杯で導入されますが)、今回のスマートボールに関してもしばらくは練習用に使われることになりそうです。でも、これでめきめきと実力を伸ばしてくる選手がいると、また試合も楽しくなりそうですね。

Engadget

Kyle Wagner(Rumi 米版