高さ約240メートルの崖からスノーモービルで飛び降りたベースジャンパー(動画)

見ているだけで鳥肌がたってきます。

極限まで危険な体験を記録してくれる、それがGoProカメラの真骨頂! この映像ではエリック・ローナー(Erik Roner)さんはヘルメットにGoProを付けて、スノーモービルで崖から飛び降りるという果敢な体験をキャプチャーしてくれました。なんとその高さは約243メートル(800フィート)!

飛び降りたエリックさんはベースジャンピングのプロフェッショナルなので、パラシュートを使って無事着地しました。墜落したスノーモービルはというと、完全にクラッシュ状態でした。

墜落したスノーモービルがもったいないと思うかもしれませんが実は、今回エリックさんが行ったスタントには、彼の友人で2009年に無くなったエクストリーム・アスリートのシェーン・マッコンキー(Shane McConkey)さんのスノーモービルが使われていました。この撮影はシェーンさんへのトリビュートの意味を込めて、大事にしていたギアを使ってスタントに挑んだのでした。退役となったスノーモービルへの別れ方も、彼らなりにエクストリームでした。

YouTube

ANDREW LISZEWSKI(米版鴻上洋平