南極の氷がすべて溶ける時、その下に現われる大陸の姿とは?(動画)

かなり高い山もあったりするんですね~

まぁ、そんなふうに決して呑気につぶやいてはいられないでしょう。もしも本当にこのまま急速に温暖化が進み、厚い氷で覆われた南極大陸が、その深く眠ったままの荒漠とした地表を白日の下に曝す時が来てしまったならば? きっと日本列島も海底に沈没しちゃってるかもしれませんよね。

ただ、このほど英国南極観測局(British Antarctic Survey)によって公開された「Bedmap2」は、まだだれも目にしたことのない氷に埋もれた南極大陸の姿を鮮明に映し出してくれていますよ! NASA地球観測衛星「ICESat」や、極地の氷を調査する飛行プロジェクト「Operation IceBridge」からのデータを基にして、以前の「Bedmap1」よりも、はるかに精度を増した南極大陸の真の姿は、ちょっぴり神秘的で想像を掻き立てられる世界でもありますよね。

この詳細なデータにより、どんなふうに氷河が動いていくのかや、流氷の展開などを予測することも可能になるそうですけど、やっぱり地球温暖化の問題は環境にトンでもない影響を与えそうですね...

Wired

Eric Limer(米版/湯木進悟)