プラモデルみたいに自作できるロモグラフィーのフィルムカメラ

プラモデルみたいに自作できるロモグラフィーのフィルムカメラ 1

徹底的にアナログにこだわりたいあなたへ。

ユニークなカメラで銀塩写真に面白いアプローチをし続けるロモグラフィーの飽くなき挑戦はすごいのです。

このたった35ドル(約3500円)の「Konstruktor」、なんとプラモデルみたいに組み立てるプラスチックカメラ!

自分で組み立てることでシンプルなカメラの構造も分かりそうだし、何より自分で作ったカメラだけに愛着が湧きそう。

1-2時間で組み立てられちゃう35mmフルサイズのカメラ。

でもあんまり急いで適当に作ると、中に光が漏れて露光に失敗した写真しか撮影できなくなりそうだから気をつけないといけません。

カメラも手作りして、フィルムで撮影して、そして現像まで自分でやる...!

このデジタルカメラ時代、徹底的にアナログを追求するのも格好いいですね。

プラモデルみたいに自作できるロモグラフィーのフィルムカメラ 2

Lomography

mayumine(ANDREW LISZEWSKI 米版