冬の服をしまってそのままクッションにする衣装ケース

冬の服をしまってそのままクッションにする衣装ケース 1

これは...どうなんでしょ。

毎年2回から3回やってる衣替え。その度に服をかなり整理して処分するものはしているのに、それでも衣装ケースやクローゼットに入りきらずに、こうなったらまとめて全部捨ててやろうかと思うこともあります。思うだけで結局アレもコレもとっておいてしまうからダメなんだけど...。例え衣装ケースに服を収めても、ケースの数が増えればそれを入れる収納スペースも必要になるし。スペースってのはいくらあっても足りないもの。

冬の服をしまってそのままクッションにする衣装ケース 2

Mimishから販売されている、衣装ケースクッションStorage Beanbag。ご覧の通り、中に着ない服を詰めたら後はクッションとしてお部屋に置いておくだけ。スペースの無駄になりません。積んだ服の上に直接座るわけじゃない、一応専用のケースには入っているわけですからね。お値段は、149ドルから169ドル(約1万5000円から1万7000円)です。どうなんでしょう、しわっくちゃにならないものでしょうか。季節もののブランケットやお布団ならばいいのかな。

Mimish via Fancy

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版