世界初! すっごく優しく豆腐を掴むロボット(動画あり)

世界初! すっごく優しく豆腐を掴むロボット(動画あり) 1

木綿も、絹も、厚揚げもOK。

こちら、「FOOMA JAPAN 2013(国際食品工業展)」に出展されていた工業用ロボット。どんなものかというと、流れてくる豆腐をカメラの映像解析し、最適な向きとパワーで掴むことができる。というロボットとなります。実際の動きはこちらの動画をご覧ください。

く、崩れない!

結構な速度でパシィっと掴んでいるように見えますが、ほんとに型崩れしないで綺麗にケースに入れていますね。このロボットを作成したのは豆腐製造機械メーカーの「ランズワーク」。こちらのロボットを使うことで、豆腐の場合1200〜1500丁/h、揚げた豆腐(厚揚げ?)なら2500丁/hくらいのスピードで運ぶことができるようです。

なお、豆腐以外でも水産関係や卵、食肉などへの応用も想定しているとのこと。確かにこのセンサーでの認識力と、繊細なロボットアーム技術力は、多種多様な分野で応用が効きそうですね。

「犀の目に切って味噌汁に入れるロボット」もぜひ作って貰いたい。

豆腐など壊れやすいデリケートな食品を運ぶピックアップロボット[DIGINFO TV]

ランズワーク

(小暮ひさのり)