メルセデス・ベンツが事故車両の救助にQRコードを活用

メルセデス・ベンツが事故車両の救助にQRコードを活用 1

パニック状況だからこそ、使い慣れたシンプルな方法で。

ドイツの高級自動車メーカー「メルセデス・ベンツ」が今後すべての車両にQRコードを搭載する計画を発表しました。事故が発生した際に迅速かつ安全に救助活動を行うのがその目的。QRコードはステッカーとして車体に2枚張られ、1枚は燃料タンクのフタに、もう1枚はセンターピラー(自動車の窓柱)に張られる予定です。

これまで救助隊は各々の車両のどこに燃料タンクやガスボトル、高電圧部品、制御点などが配置されているか逐一電話などで確認せねばならず、それが迅速な救助のボトルネックとなっていました。今回のQRコードはその解決策として用いられ、救助隊がスマートフォンやタブレットを通じその場ですぐに車体の詳細を知ることができるようになります。

メルセデス・ベンツはこれまでに発売されている車体についても同様のステッカーを準備していく予定だそうです。

Mercedes-Benz via gizmag

(KITAHAMA Shinya)