1000円以内でノイズ・リダクションする方法。それは消音イヤーピースと音楽アプリの組み合わせだった!

2013.06.27 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20130621-ubio-0-title.jpg


静かだし、音の張りもあるし...この効果、ちょっとスゴいですね...。

周囲の雑音をカットしてくれるノイズキャンセリングイヤフォンに興味があるのですが、安い製品は機器自体が発しているホワイトノイズが気になるし、性能重視で選ぶと高値安定となりがち。それに、イヤフォンの装着性が気になることも。

いま使っているお気に入りのイヤフォンそのままに、対ノイズ性能を高められたらなあ...というその願い、サウンドサイエンスの「サイレントイヤホンピース」でかなうかもしれませんよ。


穴の開いていないイヤーピース!?


20130621-ubio-1-2.jpg


対ノイズ性能を高めるため、音道すらウレタンで覆っています。まさに耳栓!

オンイヤー型のヘッドフォンには、装着性と遮音性を高めるために、ハウジング内をイヤーパッドで埋め尽くしている製品もありますが、イヤフォン&イヤーピースで同様の考え方を用いるとは。


20130621-ubio-2.jpg


お値段はMサイズ×2、Sサイズ×1のお試しセットで525円。安い!


20130621-ubio-id04.png

測定条件:85dBの騒音環境をスピーカで再現。スピーカから15cmの位置で測定。


サイレントイヤホンピースの騒音低減測定データを見ると、耳障りなシャカシャカした領域のノイズを大幅に低減できていることがわかります。

しかしノイズを除去するためとはいえ、高域をスポイルすると音楽の再生品質にも影響が出るのでは...。うん、実際に音が曇ったイメージになってしまいました。

そこで登場するのが「UBiO」(450円)という再生アプリなんですよ!


サウンドシャキットな音質改善アプリ「UBiO」


20130621-ubio-5.jpg


まるでコンサートホールで聞いているかのような臨場感をもたらしてくれるのが、音楽アプリ「UBiO」。いわゆるグラフィックイコライザーとは違い、DSP処理で音圧や間接音をチューニング、生き生きとしたサウンドステージを作り出してくれるアプリなんです。

このアプリは単体で使っても効果絶大(数万円のイヤホンを多用しているユーザーも高く評価しています)。さらに「SILENT MODE」をオンにすることで、サイレントイヤホンピースで減衰してしまう高域を持ち上げ、イヤホン本来のサウンドが楽しめるようになっているんですよ。


20130621-ubio-6_02.jpg


細かなチューニングも「Settings」のタッチパッドで自由自在ですよ。個人的な印象は次の通りでした。

右上=ホールの前席
左上=ホールの後ろ席
右中=ライブハウスのステージかぶりつき
左中=ライブハウス後ろの席でまったり
右下=スタジオ×ニアフィールドスピーカー
左下=スタジオ×大型モニター

さらに「SPEECH MODE」をオンにすると、かすれがちな子音もはっきりと聞こえるし、低域の音圧を下げてくれるので、語学習得用のトラック再生だけではなく、ラジオドラマやア・カペラを聞くときにもぴったり! ささやき声の破壊力ハンパない!


お安いイヤホンでもかなりの良音質に変身します


20130621-ubio-3.jpg


店頭価格で1500円くらいのイヤフォンに「サイレントイヤホンピース」をつけ、「UBiO」で音楽を鳴らしながら90デジベルを超える環境音がうずまく地下鉄に乗ったのですが、これはいいですね!

数万円のノイズキャンセリングヘッドフォンと比べると、細部の表現力においてはかなわないものの気持ちのいい音場となっており、耳疲れがしません。ノイズの除去力も申し分なし!


130624ubio_office.jpg


エアコンやサーバーマシンのノイズ(60デジベルオーバー)が気になるデスクワーカーにもお勧め。アプリとイヤーピースとイヤフォン、あわせて2000円台で、仕事に集中できる環境が作れちゃいます。

カフェでちょっと作業したい人も、ぜひ!


20130621-ubio-3-2.jpg


「サイレントイヤホンピース」は、NASCAR公認MOLDEX製耳栓と同じ素材を使っています。つまりレースカーのエンジン音ですら低減するだけのスキルがあるということ。

そこで100デシベル超えの水上バス後部座席、エンジン音が鳴り響く場所でも使ってみましたが、音楽に集中できましたよ! 風や波の音も聞こえなくなるので間違っている気もしましたが、参考例として!


お出かけ音楽環境をリーズナブルにまとめたい方に最適


20130621-ubio-4.jpg


高価なイヤホンと「サイレントイヤホンピース」&「UBiO」を合わせても効果アリアリ。でも、せっかくならラフ&ラクに使える安価なイヤフォンと合わせてみて、「うるさい場所でもこれだけ音楽が楽しくなるのか!」という感動を味わってもらいたいところですね。


サイレントイヤホンピース特設サイト , サイレントイヤホンピース販売サイト , UBiO

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア