Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表

Introducing Video on Instagram from Instagram on Vimeo.

最大15秒のクリップにフィルターをかけて。

これからは、動画クリップにもヴィンテージフィルターをかけられるようになります。FacebookがVideo on Instagramを発表して、TwitterにおけるVineアプリ的なものを作り出しました。でも、Instagramの方がよりスマートで多機能になっています。

Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表 1

Vineでは、6秒間のビデオクリップをスタンドアローンアプリの中で共有できるようになっています。一方、Video on Instagramの仕組みはこんな感じです。まず動画クリップの長さは最長15秒、最短3秒間。動画は1回再生されると停止して、Vineみたいにループ再生はしません。フィードのストリーム上で静止、またはサムネイル画像をタップすると再生が始まります。音声はデフォルトでオンです。Vineのごく短い動画のループ再生も面白いですが、それとはまた違った感覚です。

撮影のときはCaptureバーを押すと録画画面になり、ビデオカメラのアイコンを押すと撮影開始、指を離すと停止します。再度撮りたいときにはまた録画ボタン、失敗して削除したいときにはDeleteボタンを押すだけです。この撮影周りのプロセスはVineと大体同じなんですが、ここからのステップが違います

Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表 2

Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表 3

次の画面に行くと、Video on Instagram用に作られた13種類の新フィルターが現れます。Cinemaと呼ばれる手ブレ除去機能もあって、ブレブレの動画もこの通りきれいになります。

Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表 4

それから、既存のInstagramのフィードにもすっきり収まります。自分用のカスタムプレビューで、友達のInstagramフィード上でどう見えるか確認もできます。写真と動画の違いは、サムネイル画像右上に表示される小さな再生ボタンのみです。ハッシュタグとか他の機能も写真と同様に使えて、ただサムネイル画像をクリックすると動くってだけです。

Video on Instagram:Vineとは一味違うミニ動画共有アプリ、Facebookが発表 5

iOSでもAndroidでも、今日からVideo on Instagramアプリをダウンロードできます。さらにVideo on Instagramには独自のWebサイトもあって、パソコンからも閲覧可能です。さらにGoogle Glassとの統合も予定されています。

Video on Instagramは非常によくできています。写真と動画が同じフィードで見られるので、別のアプリを開くのを覚えておかなくてもいいってことです。それに、15秒もあれば「ハッピー・バースデー」だって歌えそうです。そしてフィルターももちろん魅力ですね。

Leslie Horn(原文/miho)