Windows 8.1がチラ見せ。Metroはそのままだけどスタートボタン復活

Windows 8.1がチラ見せ。Metroはそのままだけどスタートボタン復活 1

大きな方向性は維持。

良いニュースと悪いニュースがありますが、まずは良いニュースから。Windows 8.1では、Windows 8を気に入った人にとってはうれしい細かな修正がたくさん入っています。で、悪いニュースはというと、Windows 8がそもそも好きじゃない人にとっては、それが変わるほど根本的な変化はありません。でも少なくとも、スタートボタンは復活! しました。

マイクロソフトが、コードネームWindows Blue、またの名をWindows 8.1の概要についてチラ公開しました。多分一部で望まれていた、Metroスタイルの大幅見直し、にはなっていませんが、改善されたことはたくさんあります。

スタートボタン

そう、噂通りスタートボタンが戻って来ます。デスクトップモードでもタイル表示でも、デフォルトで使えます。下の画像の通り、左下のすみっこにあります。

Windows 8.1がチラ見せ。Metroはそのままだけどスタートボタン復活 2

久しぶり! とムダにいじりたくなります。ただし新しいスタートボタンは、どのアプリでもすぐ見られるような形では表示されているわけじゃないんですが、マウスオーバーすればすぐ出てきます。...って、そう、だからみんなが思っていたような、いつもどんなときもすみっこにいて1クリックで立ち上がってくれる、あのスタートボタンじゃないんです。が、まあ、一応存在はしていますと。

もうひとつ要望の多かった機能、デスクトップモードでの起動も可能になりました。さよならフラットデザイン! もしくは、デスクトップとMetroのいいとこ取りをしたいなら、デスクトップモードの上にタイルをオーバーレイ表示することもできます。

もっと自在にカスタマイズ

スタートボタンに注目が集まりそうですが、Windows 8.1にはもっといろんな小技があって、PCの設定を自分好みにいじることができます。その多くは見た目的なもので、スタートスクリーンの背景とか、ロックスクリーンを画像のスライドショーにするとかです。それから、アプリをグループ化してアンインストール、リサイズ、移動ができるので、これらをひとつひとつやる手間が省けたりもします。

Windows 8.1がチラ見せ。Metroはそのままだけどスタートボタン復活 3

Windows 8.1は、変にユーザーの判断を先読みすることも少なくなっています。新しいアプリはスタートスクリーンにすぐには表示されず、アプリビューの中に入っていきます。そこから、アプリをどこにどう表示するか選ぶ感じです。同様に、写真の編集はMailやSkyDrive、Cameraアプリでも可能になりました。

SkyDriveとの連携

Windows 8.1では、マイクロソフトがSkyDriveをもっとメジャーにしようとする意図も見られます。これまで以上に深く統合されていて、設定やアプリは自動でSkyDriveに保存されます。これによって、PCからPCへ端末を変えてもシームレスに使い続けられます。

Windows 8.1がチラ見せ。Metroはそのままだけどスタートボタン復活 4

個々のファイルをSkyDriveに直接保存することもできるようになりました。また、SkyDriveアプリからは、オフライン状態でもクラウドにある文書にアクセスできます。

SkyDriveはiCloudとかGoogle Driveほど目立つ存在にはならないかもしれませんが、もっと注目されてもいい良いサービスだと思います。それにマイクロソフトにとっても、SkyDriveは統合されたエコシステムを完成させるにはすごく重要な存在です。

Bingに賭ける

Bingは完ぺきじゃありませんし、いろんな意味で「良い」とさえ言えません。でもWindows 8.1のいたるところに出てきます。が、それ自体はそんなに悪くもありません。デフォルトでは、Searchチャームで、通常のWeb検索からSkyDriveのファイルやアプリの検索までカバーするグローバル検索機能が使えます。

130601_win815

って、それだけ聞くと便利そうですし、たくさんの人がBingを使えばアルゴリズムももっと良くなるはずです。でもWindows 8.1の中で検索を使う場合、グーグルを使えるケースが少なくなります。これを問題視する人もいると思います。

新しいスタート

Windows 8.1においてもっともエキサイティングなのは、マイクロソフトがMetroの考え方をこれからも進めていこうという意志が見られることです。そう、ここで引き返すべきじゃありません。スタートボタンが復活したのは妥協といえば妥協ですが、でもこの点だけです。他の要素に関しては後戻りの兆候もありません。

Windows 8.1の中身については、6月26日開始のデベロッパー向けイベントでパブリックプレビュー版が公開されて、もっと詳細が見られる予定です。その後今年中に、既存のWindowsユーザーにはアップデートが使えるようになります。Windows 8を好きになれない人にも、タイルがまだなくならないことを受け入れるための時間的猶予が与えられた感じです。

Blogging Windows

Brian Barrett(原文/miho)