グーグル検索ページ、本当の検索結果の占める割合はページ内のたった13%ほど

グーグル検索ページ、本当の検索結果の占める割合はページ内のたった13%ほど 1

ほんとやん、こげんして見たらずいぶん少ないっちゃね。

グーグル先生は何でも知っている。グーグル先生にきけば何でもわかる。グーグル先生は頼りになる。グーグル先生! グーグル先生! と、思っていましたが、冷静に見てみると先生には先生の事情があるようで、検索結果はほんのちょぴっと。

ネタ元のTutorspreeの調査では、グーグルの検索ページに出てくる中で、本当の検索情報エリアは13%程度だと言います。これは、MacBook Air 13インチのスクリーンを元に計算された数で、画像の赤枠がその13%の検索結果に当たります。黄色エリアは、グーグルのAdWordsで29%。緑の14%はナビゲーションバー。青の7%はグーグル自社サービスのマップ。

先生は、私たちの知らないところで先生じゃないことたくさんしているのですね。

「先生は、先生という生き物だと思ってた...」そんなとあるマンガの台詞が思い出されました。

Tutorspree via BoingBoing

そうこ(CASEY CHAN 米版