170年前のペッツバールレンズがニコン/キヤノン用として蘇る!(動画あり)

170年前のペッツバールレンズがニコン/キヤノン用として蘇る!(動画あり) 1

横にパンしたところの動画を要チェック! 独特のボケ感というか、多重スクロール感がありますよ!

1840年に誕生した歴史的レンズを、「LOMO」のロモグラフィーが復刻します。中央がきゅっとシャープで周辺は渦が巻くようなグルグルボケに映る、まさに大口径単焦点オールドレンズの味わいが魅力ですよー。

レンズ内部の構造は昔のまま、マウントをニコンFマウント/キヤノンEFマウントにするとのこと。クラウドファンディングサービスのCampfire/Kickstarterで出資者を集めていますが、すでに目標額はクリア! つまりこのレンズが欲しい人は急いで支援しないとダメということに!

 

 

130730-Image34130730-Image35130730-Image36130730-Image37130730-Image43130730-Image44130730-Image45130730-Image46130730-Image47130730-Image48130730-Image49130730-Image50130730-Image51130730-Image52130730-Image53130730-Image55130730-Image56

Lomography Petzval Portrait Lens 紹介動画 from Lomography Japan on Vimeo.

Campfireを見るに、レンズがゲットできるコースは4万円以上のようです(でもKickstarterの400ドルコースの説明は「Get the Petzval Lens for a very, very special price」…?)

写りが良くて程度もいいレンズのプライスは高値安定ですから、4万円で真鍮ボディ&ガラスレンズのオールドレンズが入手できるのならいいかも! これで動画作品を撮ったら面白いでしょうしね!

CampfireKickstarterロモグラフィー

(武者良太)