自閉症と診断された3歳の少女、素晴らしい絵の才能を開花させる

自閉症と診断された3歳の少女、素晴らしい絵の才能を開花させる 1

「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」

これは映画「フォレスト・ガンプ」で使われた有名な台詞。中にどんなチョコが詰まっているかは開けてみるまで分からないように、人生も生きてみないとどんなワクワクが待っているか分からない。そんな意味で使われていました。

今回の話の主人公は、ネットで話題のイギリスに住む3歳の少女アイリスちゃん。彼女は言葉を話すことができません。初めは「耳が悪いのかもしれない」と思っていた両親ですが、医者からは「自閉症」との診断結果。そして、ここから両親の苦悩は始まります。

自閉症と診断された3歳の少女、素晴らしい絵の才能を開花させる 2

常に癇癪を爆発させ、普通のオモチャや他人に全く無関心のアイリスちゃん。両親は「彼女の好きなことを見つけてあげたい」と奮闘します。そんなとき、偶然母親が描いた「棒人間」に強い興味を示したアイリスちゃん。両親はすぐにイーゼルと絵の具をアイリスちゃんに買い与え、絵を描かせてみました。

斜めに立て掛けられたキャンバス。そのキャンバスに向かって筆を走らせるアイリスちゃん。しかし、キャンバス上を流れ落ちる絵の具を見て、怒り狂ったように泣き始めてしまいます。

このとき「絵を描くことは無理」と思っていたら、彼女の才能は開花することはなかったかもしれません。しかし、母親はアイリスちゃんの癇癪のわけを見つけ当てます。

それは、絵を描くことではなく、絵の具が流れ落ちるといった「彼女が理解できない事実」に泣きわめいていたということを。母親はイーゼルを使うことをやめ、代わりに一枚の紙を水平なテーブルの上に置き、彼女の好きなように絵を描かせてみました。

すると、彼女は笑顔を取り戻し、素敵な絵を次々と描き始めました。

自閉症と診断された3歳の少女、素晴らしい絵の才能を開花させる 3

この鮮やかな絵。他の作品は下記リンクから見ることができますよ。

気分が穏やかになり、コミュニケーションもとれるようになり、言葉も少しずつ話し始めたというアイリスちゃん。将来が楽しみですね。

自閉症と診断された3歳の少女、素晴らしい絵の才能を開花させる[roomie]

(ギズモード編集部)