キヤノンEOS 70D、動画のAFがほんとに速くて滑らか! (動画あり)

キヤノンEOS 70D、動画のAFがほんとに速くて滑らか! (動画あり) 1

触ってきました。

キヤノンは、一眼レフカメラに動画撮影機能を取り込むことにおいては他社に一歩先んじてきました。プロレベルのEOS 5Dシリーズからビギナー向けのEOS Kissシリーズまで、動画という意味ではキヤノンがリードしてきました。そしてEOS 70Dの新技術によって、他社との差はもっと大きくなってしまうかもしれません。

キヤノン EOS 70Dは、新しい20.2メガピクセルのAPS-Cセンサーを使っています。このスペックはさほど目を引くものじゃないかもしれませんが、センサーの設計が完全に一新されていて、動画撮影中の連続オートフォーカスがもっとも速く正確になっています。動画を撮りたいユーザーにとっては、待ち望んできたキラー機能を備えたカメラです。

キヤノンEOS 70D、動画のAFがほんとに速くて滑らか! (動画あり) 2

ちょっと前のことを振り返ってみます。去年のエントリレベルのEOS Kiss X6iで、キヤノンはコントラストと位相差のハイブリッドオートフォーカスシステムを使い始めて、動画撮影中の連続フォーカスの性能を向上させようとしていました。

一般に一眼レフカメラは、動画撮影中はセンサーベースのオートフォーカスを使い、ビューファインダーからスチル写真を撮るときに使う光学式オートフォーカスは使われません。従来EOSではコントラスト比だけでフォーカスを検出していたので、それでは遅すぎて連続フォーカスが難しくなっていました。でも去年のハイブリッドシステムでは、センサー上に位相差検出用画素を組み込むことで、十分な速さでの連続フォーカスを可能にしていました。

キヤノンEOS 70D、動画のAFがほんとに速くて滑らか! (動画あり) 3

とにかく理論上は、そういう仕組みでした。ただ、米GizmodoでEOS Kiss X6iもミラーレスのキヤノン EOS Mも2回~数回試してみましたが、実際は従来と比べてそれほど感動的な差はありませんでした。たしかに機能はするんですが、遅過ぎて安心して撮れませんでした。

でも今回のEOS 70Dでは新たな位相差検出のみのシステム「Dual Pixel CMOS AF」が導入されました。なんかすごそうな名前ですが、名前だけじゃなく、中身の技術もしっかり進化しています。新しいCMOSセンサーの20.2メガピクセルの解像度は4010万個のフォトダイオード構造に分割され、ふたつのダイオードでひとつの画素を捉えることになっています。

というのは、各画素ごとに位相差検出用ダイオードがあるからです。つまり、センサー上にいくつかまばらにあるだけじゃなくて、位相差検出ポイントがまんべんなく敷き詰められているんです。各ピクセルのふたつのダイオードは統合して動くので、受光感度も落ちません...と、キヤノンでは言っています。

実際使ってみると、少なくとも僕らがわかる範囲では、このオートフォーカスシステムは素晴らしいものでした。我々が試したのはニューヨークでの説明会で、実生産に近いバージョンのEOS 70Dでしたが、動画撮影中のオートフォーカスのスピードや正確さは信じがたいほどでした。下の動画はキヤノンが作ったものなので額面通りに受け取るべきじゃないですが、ちょっと使ってみただけでも、ここに描かれていることの一部は信ぴょう性が確認できました。

もうひとつこの技術の良いところは、ちょっとずつフォーカス状態に近づいていく「フォーカス・ハント」をなくした点です。代わりに、EOS 70Dではスムースにフォーカスしていって、従来のような行きつ戻りつのフォーカス調整がなくなりました。

キヤノンEOS 70D、動画のAFがほんとに速くて滑らか! (動画あり) 4

他の改善点としては、くっきりとした3インチのタッチスクリーンや、毎秒7コマの連続撮影といった点があります。

逆に残念なところは、マイクジャックやビルトインマイクで録音している音声をモニターするためのヘッドフォンジャックがないってことです。このカメラの動画機能の強さを考えると、悲しいところです。

ちなみにキヤノン EOS 70Dは既存のEOS 60Dの上のラインに入りますが、60Dもなくなるわけじゃありません。同様にキヤノンは、EOS 70DがEOS 7Dに代わるものでもないことを明言していました。

EOS 70Dは8月29日発売予定、価格はオープンですが、参考までにキヤノンのオンラインショップでは12万9800円(ボディのみ)、13万9800円(18-55㎜レンズキット)、16万9800円(18-135㎜レンズキット)とされています。

キヤノン EOS 70D、Photos by Michael Hession]

Mario Aguilar(原文/miho)