ChromecastがまだまだAirPlayには追いついていない件

ChromecastがまだまだAirPlayには追いついていない件 1

ChromecastはAirPlayに取って代わることができるのでしょうか。

約2年半前からEvolver.fm(米ウェブメディア)では、グーグルはAirPlayに対抗した家庭用のシンプルなワイヤレス音楽ソリューションを出すだろうと推測してきました。そしてついに先週、グーグルはAirPlayに対するガジェットを披露、アップルに対抗する姿勢を顕にしてきました。

35ドル(約3500円)の小さなHDMIドングルを家のテレビの背面のプラグに接続するだけ。設営時間ほぼ0秒。たったそれだけで、YoutubeやNetflix、Google Play Movies、Chromeブラウザから、音や映像をテレビに転送できます。

AndroidでもiOSでもMacでもWindowsでも、Chromeのブラウザさえ動けば家で音楽をかけるのに最高の環境が構築できちゃうのですね。さらに将来的なアップデートによって、その他多くのアプリに対してネイティブサポートが追加予定だそうです。

ただ…、テレビが必要だというのが唯一の問題なんだと思うのです。

もちろん、ごちゃごちゃしたコードから開放されるのは最高ですよ。NetflixやHBOやその他のビデオアカウント、その他誰でもインターネットビデオを見たい場合、ラップトップとテレビを物理的に接続する必要が無くなるのです。例えば友だちが家に来たときなんか便利そうですよね。そしておそらく、最も安くその環境が構築できると思います。

それでも、ChromecastはAirPlayとは違うのです。

ChromecastがまだまだAirPlayには追いついていない件 2

アップルのAirPlayはステレオシステムに接続できるAirPort Express(テレビは不要)だけではなく、スタンドアロンのスピーカーシステム、DenonやMarants等のステレオにも音を転送することができます。車の中でAirPlayを使うこともその気になれば可能です。

グーグルのChromecastは、動画を見たり音楽をかけたりするのにとても魅力的な最新のデバイスであるとは思います。オーディオ出力端子を通してテレビから何かしらのスピーカーに転送することはできます。

スピーカーをテレビの横に置くなら問題はありません。テレビを第一に考えているなら問題はありません。テレビを音楽を聞くために点ける事が無いなら問題ありません。家の中の誰かがテレビを見ていたりTVゲームをしていた時に、音楽を聞くつもりが無いなら問題はありません。

はい、たくさんの前提条件があるんですよね。Chromecastは多くの人々にとって可愛らしくてリーズナブルで魅力的なガジェットだけど、ワイヤレスで家で音楽を楽しむというシチュエーションにおいてはまだアップルに追いついてないと思います。

mayumine(ELIOT VAN BUSKIRK - EVOLVR.FM 米版