高画質追求。ソニー製Exmor CMOSセンサを搭載したドライブレコーダーが登場!(動画あり)

高画質追求。ソニー製Exmor CMOSセンサを搭載したドライブレコーダーが登場!(動画あり) 1

こりゃ綺麗だわ・・・!

こちら、INBYTEより発売される新型のドライブレコーダー「CR-500HD」。カメラモジュールには200万画素のSONY製の高速・高画質センサ、「Exmor CMOSセンサ」を搭載し、フルHD画質での録画と夜間撮影の性能が大幅に向上しています。

ちなみにExmorは各社スマホにも多く採用されています。最も新しいのは「Exmor RS」でXperia ZやAなどで採用。ひとつ前の「Exmor R」はiPhone4S、5。Galaxy S3などで採用されています。

このCR-500HDに採用されているExmorがどの世代かはわかりませんが、シリーズ共通で高感度・低ノイズがウリなので、画質には期待しても良いかも。昼間と夜間の映像が公開されているので、以下よりどうぞ。

夜間撮影の動画はタイムスタンプを見ると7月20日の19時10分頃からの撮影のようです。時期的に日が落ちた直後くらいだと予想されるので、まだ空には若干の明るみが残っているようにも思えますが、それでもこの明るさは凄い!

気になるお値段は直販価格で3万4800円。ちょっと値は張りますが、この鮮明さは圧倒的ですよね。個人的にも、ちょうどドラレコの購入を検討していたので、今。すごくポチりたい衝動にかられてます……。あぁ、どうしよう!

INBYTE

(小暮ひさのり)