Googleの手によって殺された、死屍累々のGoogleのサービス達に思いを馳せる

Googleの手によって殺された、死屍累々のGoogleのサービス達に思いを馳せる 1

拝啓、グーグル様

世界を変えた自社サービス、例えばGoogle 検索、Gmail、Androidなどは責任を持って面倒を見てくれているようでありがとうございます。

一方で、優先順位が下がった自社サービス...例えば、Google Labs、Google Reader、その他死屍累々の製品群の臨終まで責任を持って看取っているのも知っていますよ。

グーグルの良いところは、自社サービスを殺すことを恐れないということ。そして残念なところは、ユーザーがそれなりにある自社サービスを殺すことを恐れないということです。

 

Googleの手によって殺された、死屍累々のGoogleのサービス達に思いを馳せる 2

こちらのインフォグラフィックスは、ラリー・キム(Larry Kim)氏が作成した「グーグルの手によって殺されたグーグルのサービス」です。最近のGoogle Reader、iGoogle、Google Talkなどは記憶に新しいですが、Picnik、Google Buzz、Google Wave、Google Answersなど懐かしい面々もありますね。

こうやって振り返ってみると、Google 検索やGmailは無くなると本当に困るけど、これら死んだサービスは今無くてもたいして困ってないというのもまた事実。Google Readerの消滅はインパクトがあったけど、代替サービスが雨後の筍のように出てきてくれたので、結局は事なきを得ているように思えます。

グーグル様はそれをわかっててやっているのでしょうね。

mayumine(CASEY CHAN/ 米版