アップルが乗換案内サービスHopStopを買収、地図にさらなる期待

アップルが乗換案内サービスHopStopを買収、地図にさらなる期待 1

買収劇は続きます。

アップルが、乗換案内サービスHopStopを買収しました。HopStopは2005年に開始、現在は米国内の140を超える都市、米国外でも6カ国で展開しているサービス。最近のアップデートでは、ユーザーがリアルタイムで地下鉄の交通状況をポストできる機能が追加されました。

HopStop買収がニュースになった同じ日に、アップルによる地図関連サービスLocationaryの買収も報じられました。アップルの地図への力の入れ方はますますパワーアップ。地図の次アップデートに期待がかかります。

[Bloomberg]

そうこ(PETER HA 米版