iOS 7 beta 2、iPadで使ってみたところ...。

iOS 7 beta 2、iPadで使ってみたところ...。 1

iOS 7は、iPadよりiPhone向き...?

iPadはその誕生以来、タブレットの標準となってきました。そしてその良さの多くは、iOSによって実現されているものです。スマートフォンではAndroidにシェアを奪われているとはいえ、タブレットにおいてはiOSが今も一番使われているプラットフォームです。つまりiOSをアップグレードすることは、最良のタブレットOSをアップグレードするということなんです。そんなわけで、iOS 7でiPadが実際どれくらい良くなるのか、ここにまとめます。

ただ、現段階のiOSはベータ版なので、ここでの評価もあくまでベータ版に関するものです。iOS 7自体、オーバーホールが大きかった分、いろいろ批判される部分もあるかもしれませんが、そうはいってもまだ完成品じゃないんです。正式版では、ベータ版と違う部分がかなり出てくるはずです。

その点ご了解いただいた上で、以下に気づいた点を列挙していきます。

  • 「画面のどこからでもアンロック」は、iPhoneだと「地味にいいね」って程度でしたが、面積の大きなiPadでは大きな改善点のひとつになっています。タブレットを持ったとき、手が画面中央下部のバーの近くにあることはめったにありません。画面上部の電源ボタンを入れた直後なら特に、一手間省けた感覚が味わえます。
  • コントロールセンターでは、iPhoneとiPad両方においてUIがうまく機能するようできているのがわかります。iPadでは、画面下部のどこからでも上にスワイプすればコントロールセンターが表示されるようになっています。タブレットを持ったときに親指から一番近い、角の部分からスワイプすると、明るさや音量を調整するのにちょうどいい位置に指が来ます。うまくできている感じがします。

iOS 7 beta 2、iPadで使ってみたところ...。 2

  • いくつかのジェスチャーは、これまでほど納得感がないと感じました。前からあるマルチタスクトレイを表示させるための4本指スワイプはiOS 7でも使えるんですが、ちょっと戸惑いを感じました。4本指上スワイプで、新しいマルチタスクのパネルインターフェース(アプリの中身がモバイルSafariのページみたいに表示される)が出てくるんですが、これがどうも直感的じゃないんです。機能的ではあるんですが、従来のように指をスライドした向きでドロワーが出てくる、引き出しを開けるような感覚はありません。ちなみにマルチタスクの挙動についてはこちらの3つめの動画でよくわかります。
  • もっとバグっぽくて正式公開までに修正されると思われるのは、基本的なナビゲーションの部分です。たとえば、あるフォルダに入ってから、そこを出てホームスクリーンに戻ろうとした場合、フォルダの外側のどこかをタップすれば戻れます。それはわかりやすいし、そういう仕組みだってしらなくてもなんとなく把握できると思います。でも、この「元いた場所にも取るにはどこか外側をタップ」っていう動きが、マルチタスクパネルを開いているときには機能しないんです。フォルダの時と同じようにパネルの外側の壁紙部分をタップしても、何も起こりません。

iOS 7 beta 2、iPadで使ってみたところ...。 3

  • 新しいマルチタスクインターフェースは、全般的にiPadにおいてはiPhoneほど有意義じゃありません。iPadのディスプレイは大きくて、アニメーションの動きにも時間がかかるし、パネルは1方向にしか動かないので、ちょっと操作しにくいです。
  • それから、これまではまず上に4本指スワイプでドロワーを出して、次に横4本指スワイプで使いたいアプリをフルスクリーン表示しながら選ぶ流れがありました。でも今は、マルチタスクパネルにアプリ画面の中身が並んで表示されて、途中で気が変わっても他の部分をタップして元のアプリに戻ることはできないんです。左にスワイプして戻って(マルチタスキングではデフォルトで右移動なので)、自分がそれまで使っていたアプリをタップしなきゃいけません。全体的に、従来より手間が増えた気がします。
  • 非RetinaのスクリーンでiOS 7を使うと、見た目が悪くなります。たとえばiPad miniでは、細くなったフォントも読めるし大体大丈夫なんですが、特定のものは見にくく感じることがあります。たとえば、メールやNewsstandといったアプリの新しい軽いバッジとかです。多分iPad 2も含めて、それらはピクセルがはっきり見えて安っぽくなります。でもRetina搭載のiPadやiPhoneでは、それらが従来よりずっと綺麗です。多分他の部分でも、この差は出てくると思います。
  • たとえばアプリからホームスクリーンに戻るときなど、アニメーションがかなり遅くなっています。というか、iPad miniやiPad 3ではすべてがゆっくりめです。でもこれはベータ版なので、正式版では違うかもしれません。それにしても普通より遅いんで、どうなるかはよく見守りたいです。
  • 視差効果はたしかに見られるんですが、日々使っている分にはあんまり気づきません。
  • iPadの重要なジェスチャーである5本指ピンチ、4本指スワイプといったものが、やや混乱しているようです。ファーストパーティアプリのいくつかで、たとえばメールアプリの中のeメールといったコンテンツレイヤーを操作しているときに、これらのジェスチャーを認識していないんです。ベータ版では普通問題にしない、細かなバグっぽい現象なので多分修正されるんですが、修正されなかったらまずいと思います。

iOS 7には、待ち望んできた機能がたくさん追加されています。でも、アイコンとかカラースキームの問題以上に、課題もあります。上に挙げたもののうちいくつかは改善されると思われますが、特にiPad限定での問題については、そのまま正式版になってしまうのかもしれません。

Kyle Wagner(原文/miho)