廉価版iPhoneはiPhone 5の置き換え版として販売されるかも(発表・発売日の噂もあり)

廉価版iPhoneはiPhone 5の置き換え版として販売されるかも(発表・発売日の噂もあり) 1

アップル(と通信キャリア)は、代々iPhoneの過去モデルを値下げして併売してきましたが、そのビジネスモデルが変わるかも…?

海外メディアの「CE: The Magazine」が報じたところによれば、僕たちが「廉価版iPhone」と呼んでいるプラスティック外装のiPhoneは、iPhone 5のリフレッシュモデル(つまり置き換え版)となるかもしれないようです。

これまでのアップルはiPhone 5と同時にiPhone 4Sを併売したように、過去モデルを安価で併売する方式をとってきましたが、iPhone 5はラインナップから外れて廉価版iPhoneとiPhone 5Sというニューフェイスで向こう1年を戦うつもりなのかもしれません。

それを裏付けるかのように、韓国メディアETnewsが、今年の秋にiPhone 5の生産を終了するだろうと報じています。ソースは韓国でiPhoneのパーツを製造している企業ということでさもありなん、という感じです。

また、CE: The Magazineは現地時間の9月18日に次期iPhoneシリーズ(廉価版iPhoneとiPhone 5S)の発表イベントを開催し、9月27日より販売を開始するようだとも伝えています。iPhone 5は9月12日発表&9月21日発売だったので、1週間前後の誤差はありますが約1年ということで真実味はけっこうありそうです。

秋かぁ。MacBook ProやiMacもありそうですし、年内にはMac Proも来るはず。お金がぁ……。

CE: The Magazine via 気になる、記になる… , ETnews via AppBank

(松葉信彦)