ナチス製フランケンシュタインの怪物軍団vsソビエト兵! 映画「フランケンシュタインズ・アーミー」予告編

フランケンシュタインズ・アーミ

舞台は第二次世界大戦末期のドイツ。フランケンシュタイン博士の手記を参考にナチスが生み出した超人兵軍団ソビエト兵が戦うアクションホラー映画『フランケンシュタインズ・アーミー(原題)』の予告編が公開されました。

胴体に使い道の分からないプロペラついた怪物など、奇っ怪な奴らが次々登場しますよ!(グロいシーンも多いので、苦手な方はご注意ください)

 

第二次世界大戦が終結に向かう中、ロシア兵の部隊がドイツの東部へと進軍。そこで彼らはナチスの秘密研究所を偶然発見するが、実はその研究所ではビクター・フランケンシュタイン博士の手記を参考にした実験が行われていた。

科学者たちは、ヒトラーが敗戦を免れるために出した最後のおぞましい策略に従い、伝説的なフランケンシュタイン博士の研究を元に、ナチス兵の遺体を縫い合わせ、超人兵の軍団を生み出そうとしていたのだ。

130724ktarmy01

必死に進軍するソビエト兵

130724ktarmy02

教訓:不思議なものを見つけても触っちゃダメ

130724ktarmy03

ナチス版シザー・ハンズ「マチェーテ」(ダニー・トレホじゃないよ)

130724ktarmy04

フランケンシュタイン博士と助手(?)

130724ktarmy05

怪物「ハンマーヘッド」が歩いたよ!

130724ktarmy06

ナチス版アイアンマン「レイザー・ティース」

130724ktarmy07

大砲がついてるらしいほぼメカな怪物「T-35」

130724ktarmy08

なんでこんな歩きにくいデザインになったかわからない怪物「モスキート・マン」

130724ktarmy09

プロペラの怪物「ゾンボット」が燃えた!

怪物の目的不明なデザインも凄いですが、フランケンシュタイン博士のマッド・サイエンティストっぷりも凄い。 「先見の明のある者はいつも理解されない」と言いながら、脳を切り分けるシーンとかやば過ぎる! ソビエト兵たちは生きて帰れるのか......!?

とにかく凄まじい物が見れそうな映画『フランケンシュタインズ・アーミー』は、海外で7月26日から劇場&ビデオオンデマンドで公開。

Frankenstein's Army (2013) - Official Red Band Trailer [HD][YouTube]

『フランケンシュタインズ・アーミー』海外公式サイト

(Kotaku JAPAN 傭兵ペンギン)

関連記事

ゾンビの次はフランケンブーム? 映画『アーミー・オブ・フランケンシュタインズ』と『フランケンシュタインズ・アーミー』2本まとめて紹介

火星から来た北朝鮮軍? 旧ソ連軍? 『アイアン・スカイ2』資金募集映像

『アイアン・スカイ』のチームが贈るアメコミ原作の新作SFアクション映画『ジェレマイア・ハーム』