Logic Pro X:アップルの音楽制作を極める機能・デザインを大幅刷新

Logic Pro X:アップルの音楽制作を極める機能・デザインを大幅刷新 1

アップルが、プロフェッショナル向け音楽制作ソフトの新バージョンを発表しました。数年の沈黙を破ったLogic Pro Xには、膨大なアップデート項目リストがあります。今回の改善ポイントは、インターフェースの刷新からiPadのコントローラーアプリ、さらに自分のスタジオにドラマーがいなくても代わりにドラムを挿入してくれるオート・ドラマー機能などなど。価格はMac App Storeで1万7000円となります。

ぱっと目につくのは、ダークカラーのモダンなインターフェース。表面的なデザイン変更ではなく、ミキシングの洗練された機能に素早くアクセスできるUIとなりました。

また、iPad用コントローラーアプリ「Logic Remote」を提供。最近、多くの編集ソフトでタブレットのコントロールアプリを提供しているので、アップルが自社アプリで対応したのも当然の流れと言えるかもしれません。Logic Remoteの提供により、今までマウスで行っていたフェーダー操作などをより直感的にできるようになりました。

しかし最も注目すべきは、自動でセッションしてくれる「Drummer」機能。メトロノームのような機械的なドラムではなく、様々なパラメーター設定を理解しながら、自動的にセッションしてくれるプレイヤーのような存在です。

アップルによると、

スタジオで本物のドラマーとレコーディングしたと思わせるほどリアルな音を叩き出す、初めてのバーチャルセッションプレイヤーの登場です。音楽業界の中でも最高レベルのセッションドラマーとレコーディングエンジニアを起用して制作したDrummerは、一分の隙もなくプレイされた、自然なサウンドを持つドラムを再現。どのトラックを選んでも、それをしっかり聴き取って、トラックを引き立てる完璧なグルーブを加えます。しかも、あなたのディレクションにも応じます。

とのこと。ロック、オルタナティブ、ソングライター、R&Bなどのジャンルからお気に入りのドラマーを一人(?)選んで、さらに細かいチューニングを行うことができるそうですよ。んー、これは期待できる!

Logic Pro Xの新機能を一つずつ詳しく見ていきたい方は、Create Digital Musicのレビュー記事(英文)もどうぞ。

Businesswire via App Store, アップル

MARIO AGUILAR(Rumi 米版