グーグルが新端末「Moto X」のマーケティングに5億ドルを投げ込むようです!

グーグルが新端末「Moto X」のマーケティングに5億ドルを投げ込むようです! 1

使え使えー! 広告やー! 販促やー!

ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたところによりますと、グーグルは新端末「Moto X」のマーケティング費用として、5億ドルを投入する予定だそうです。

グーグル傘下であるモトローラが発売予定のMoto Xは、複数キャリアからでること、カラバリが何パターンかある等、噂は絶えず出回っています。広告もでています。が、肝心の端末自体はまだまだ明らかにはなっていません。この段階で、グーグルがモトローラに、数億ドル(可能性としては最大で5億ドルほど)のマーケティング費用にOKサインを出すとは、かなり期待されている端末なのでしょう。

比較として、例えば2012年にアップルは6億6200万ドル(約662億円)、サムスンは5億9700万ドル(約597億円)をマーケティングに費やしています。(via: AdAge)また、5億(約500億円)ドルという広告予算は、モバイル市場でのアップルの3億3300万ドル(約333億円)、サムスンの4億200万ドル(約420億円)(via: Kantar Media)を大きく上回っています。さらに、この大きく上回った5億ドルという額が、1年間通しの額でもモバイル市場全体の額でもなく、たった1つの端末のために使われようとしてるのですから、驚き。

グーグルの本気、そして期待度がこのマーケティング費用にあらわれているようですね。

WSJ

そうこ(CASEY CHAN /米版